三島神社(愛媛県伊予市)


三島神社(愛媛県伊予市)の地図情報☜

三島神社(愛媛県伊予市)について

狛犬ならぬ狛亀がいる「三島神社」。社殿まで297段、その石段中程にある二重門は、華麗優美な江戸後期の建造物で、市指定文化財となっています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒799-3207 
愛媛県伊予市双海町高岸本郷126

電話番号

交通アクセス

(1)伊予ICから車で25分

すべての基本情報を見る

三島神社(伊予市)は、伊予市内にある、正式名称を「三島大社」という神社です。鎮守社は、「大国主命」であるとされています。この神社は延宝元年(1673年)に創建されましたが、現在の建物は明治時代に建てかえられています。

三島大社は、縁結びの神様として知られており、今でも多くの人々が参拝しています。また、「参拝寺」として知られており、毎年多くの人々が参拝しています。その他にも、神社の周辺には、枯山水庭園や山門などもあり、一般的な神社としても有名な場所です。

三島大社では、多くの行事が行われています。特に、毎年2月20日に行われる「三島大祭」は、伊予市のお祭りとして有名です。その他にも、「神輿祭り」や「吉祥祭」などが行われています。また、神社では、毎月最初の土曜日に「神社お祝い会」が開かれています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。