喜多浦八幡神社


喜多浦八幡神社の地図情報☜

喜多浦八幡神社について

島最古の神社で1829年に奉納されたといわれる和船模型「八幡丸」は貴重なもので神社本殿に安置されている。また、2月の「弓放し」や4月に行われる境内内の芝居小屋(舞台)での村芝居奉納の「春市」等で有名。鳥居前には縁結びの「亀石」もある

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒794-2304 
愛媛県今治市伯方町北浦甲2463

電話番号

0897-73-0634

交通アクセス

(1)伯方島BSからバスで10分(高速バス「しまなみライナー」もしくは今治~大三島急行バスから伯方島BSで伯方島循環線に乗り換え)

吉田から徒歩で5分

(2)しまなみ海道・伯方島ICから車で10分

すべての基本情報を見る

喜多浦八幡神社は、愛媛県喜多浦市にある神社です。江戸時代、安全祈願のために建てられたと言われています。その後、約200年間、岡山から喜多浦に移動され、今日の姿を現しています。その神社は、正面に境内に入るための鳥居があり、左右に新洋風な正面玄関があります。また、その神社の境内には、宝物館や資料館などがあり、八幡宮跡などもあります。また、毎月の第三日曜日には、八幡神社境内で行われる「喜多浦八幡神社の夕暮れ祭」があり、多くの人々が参加し、夕暮れの時間を楽しんでいます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。