西光寺(香川県宇多津町)


西光寺(香川県宇多津町)の地図情報☜

西光寺(香川県宇多津町)について

鎌倉時代創建の浄土真宗の寺。境内には城郭伽藍の様式があるほか、土堀には鉄砲狭間がある。また、県指定文化財のの船屋形茶室があり、お雛祭りなどの際に一般公開されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒769-0210 
香川県綾歌郡宇多津町2198

電話番号

0877-49-0300

交通アクセス

(1)宇多津駅から徒歩で30分

すべての基本情報を見る

西光寺(にしこうじ)は、香川県宇多津町にある歴史ある観光スポットです。元々は872年(延暦7年)に源義盛が、唐の僧・智顗大師から弘法大師により開基されたもので、現在では主に浄土宗の本山として格式高いお寺となっています。

西光寺の名前の由来は、「西から太陽が昇りその美しい光をお寺にも注ぎ込んでいるかのような美しい光景があるから」という意味が込められています。西光寺を代表するものとして、宇多津の五重塔があります。この塔は、元々は15世紀に建てられたもので天台宗の塔ですが、現在は建物の本尊が無くなっている状態です。

西光寺は、宇多津観光の醍醐味の一つであり、毎年多くの観光客が訪れます。周辺には、宇多津港などもありますので、観光客は気軽に足を運ぶことができます。また、西光寺では、実際に仏教の勉強をすることも可能で、宇多津の仏教文化を学ぶこともできます。

西光寺は、古くから歴史ある観光スポットです。歴史を感じさせる建物や五重塔を見て、仏教文化を学ぶこともできる素晴らしい場所です。香川県宇多

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。