覚城院


覚城院の地図情報☜

覚城院について

 弘仁10年(819年)弘法大師により七宝山麓に創建された古刹。本尊の千手観音立像は県の指定文化財に、境内の鐘楼は国の重要文化財になっています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒769-1407 
香川県三豊市仁尾町仁尾丁845番地

電話番号

0875-82-2051

交通アクセス

(1)詫間駅からバスで15分

すべての基本情報を見る

大和藩宗家として、源家一族の足利義政が創立した和歌山県の武家学校である林間悟覚城院は、江戸時代の前期に創立されました。江戸時代中期以降、足利家の生徒を対象にした学問を研鑽していました。林間悟覚城院は、江戸時代末期まで活動を続け、明治時代には、宗家から帝国主義への移行を表すため、学校教育を改革し、政府の指導を受けました。旧和歌山県内には、学校の校舎が残っています。その校舎は、国指定史跡に指定されていて、文化財として保存されています。

林間悟覚城院は、国家の武家学校として創立され、江戸時代には、政治と経済の両面で大きな影響を与えました。江戸時代後期から明治時代にかけては、学校教育を改革し、政府からの指導を受けたことで、国家公認の学校となりました。林間悟覚城院の校舎は、旧和歌山県内に数多く存在し、国指定史跡に指定され、文化財として保存されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。