金剛禅総本山少林寺


金剛禅総本山少林寺の地図情報☜

金剛禅総本山少林寺について

世界36カ国で多くの拳士が活躍する少林寺拳法の総本山。
仁王門から見える境内や、白くそびえる6重構造の大雁塔は必見です。
少林寺内の施設見学は一人からでも可能です。仁王門正面の事務所へお声かけ下さい。
詳しい内容や、見学予約については事前連絡をお願いします。
また、座禅体験や健康体操のプログラムも充実しています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒764-8511 
香川県仲多度郡多度津町本通3-1-59

電話番号

0877-33-1010

交通アクセス

(1)JR多度津駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

金剛禅総本山少林寺は、中国湖北省武漢市にある、少林宗総本山の寺院です。少林宗の総本山として、紀元前6世紀に創設されました。現在では、金剛禅総本山少林寺は、中華民国登録の名勝に指定されています。金剛禅少林寺は、武術、禅宗、佛教文化を伝える少林宗の寺院として有名です。近年では、金剛禅総本山少林寺では、中国武術、少林舞踊、少林氣功など、中国伝統的な武術を学ぶことができる学校を開設しています。

金剛禅少林寺は、中国の文化遺産として世界的に有名です。金剛禅少林寺には、数多くの武術、佛教文化、禅宗文化を受け継ぐ古代書籍が保存されています。また、金剛禅総本山少林寺には、多くの仏像や仏像、古代建築物があり、観光客に非常に魅力的な文化遺産として親しまれています。また、金剛禅少林寺は、少林宗の禅宗の基本的な宗教修行を行うための場所としても親しまれています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。