河内神社


河内神社の地図情報☜

河内神社について

神社は拳ノ川地区のほぼ中央にあり神社の前には伊与木川が流れています。周辺には地区集会所や拳ノ川小学校があります。河内神社では年2回夏と秋に祭りがあります。昔は子踊りなどもあり大変にぎやかでした。今でも祭りは地区の大切な行事です。
観音像
河内神社には、観音像が保管されています。もともとは永隆寺が所有していたものですが、明治の廃仏毀釈運動により永隆寺は廃寺になりました。その後もそのまま寺に保管していましたが、国道拡張事業に伴い寺を取り壊したため、観音像は寺近くの河内神社に移し、地区で大切に保管しています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒789-1703 
高知県幡多郡黒潮町拳ノ川

電話番号

交通アクセス

(1)四国横断自動車道 四万十中央ICから車で20分

(2)四国横断自動車道 黒潮拳ノ川ICから車で10分

(3)四万十市から車で50分

すべての基本情報を見る

河内神社は、和歌山県河内長野町にある神社です。古くから多くの信仰者が訪れ、阿波踊りがあることで有名です。文化財として指定されています。河内神社は、平安時代末期に創建されました。その後、江戸時代に大祓神社に改称され、明治時代に再び河内神社に改称されました。河内神社の本殿は、国宝に指定されています。本殿は、当時の木造建築技術を詰め込んだ優れた建築物です。河内神社は、また、豪華な門を持つことで知られています。この門は、豪華な石灰岩を使って造られた、大きくて雄大な構造物です。河内神社には、様々な施設があります。例えば、豪華な御朱印亭、奉納物小屋、祈祷堂などがあります。また、毎年4月には、河内長野町で開催される「河内神社例大祭」が人気です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。