野間神社石造宝篋印塔


野間神社石造宝篋印塔の地図情報☜

野間神社石造宝篋印塔について

高さ2.8メートルの宝篋印塔。鎌倉期の作で重厚な安定感を与えている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒794-0074 
愛媛県今治市神宮甲699

電話番号

交通アクセス

(1)今治駅からバスで15分(大西・菊間行きバスにて「延喜」下車、徒歩15分)

すべての基本情報を見る

野間神社石造宝篋印塔は、日本の神社である野間神社の中にある宝篋印塔です。建立は室町時代末期と言われており、このほど完全な形で再建されました。その高さは約5メートルであり、塔の形は六角形です。塔の上部には、八十八箇所の観音霊場を示す八十八石があり、下部には石版が付けられています。内部には、書かれた金箔の尊勝院の記念碑があります。その他にも、銅像、樹木、銅板などが飾られています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。