多聞寺(香川県宇多津町)


多聞寺(香川県宇多津町)の地図情報☜

多聞寺(香川県宇多津町)について

平安時代初期創建の真言宗の寺。観音堂には33体の観音様が安置されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒769-0210 
香川県綾歌郡宇多津町1269

電話番号

0877-49-6284

交通アクセス

(1)JR宇多津駅から徒歩で35分

すべての基本情報を見る

多聞寺は、香川県宇多津町にある寺院です。その名前は、「多くの聞き手を得る」という意味を持っています。建物は山門から本堂、室内経堂、書院などを備え、歴史ある木造建築です。歴史は古く、895年に創建されました。多聞寺の最大の特徴は、蔵内に所蔵されている「多聞天皇絵巻」です。これは、天皇陛下が鎌倉時代に画家、山崎入道によって描かれた絵巻です。多聞天皇絵巻は、文化財として国の重要文化財に指定されています。また、多聞寺は、日本一の山にある石碑「多聞大仏」があります。この石碑は、8世紀の創建者である大樹良覚大仏の石像が据えられています。多聞寺は、建築物、文化財、そして歴史ある石碑などを有し、古代から歴史を継承している重要な寺院です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。