お松大権現


お松大権現の地図情報☜

お松大権現について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒771-5173 
徳島県阿南市加茂町不け63

電話番号

0884-25-0556

すべての基本情報を見る

お松大権現は、江戸時代前期に毛利小五郎元良が改修した松林大権現です。当時、松林大権現としては稀少なもので、その形状から「権現風」という江戸時代の特徴を表した形とされています。

お松大権現は、毛利小五郎元良が改修した後、江戸時代中期に毛利元良の部下である毛利元順が細部を一新しました。そして、毛利元良の孫である毛利元秀が後期に再び改修を行い松林大権現からお松大権現へと変身しました。

お松大権現は、江戸時代の武家文化の象徴として、今なお残り続けています。形状は、頭部や手の部分に蝶、蛾、虫などの羽の飾りがついていて、外観は大変美しいものになっています。

また、お松大権現の歴史は非常に長く、江戸時代の芸術文化を表現した重要な文化遺産として、今なお多くの人々に愛され続けています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。