種間寺


種間寺の地図情報☜

種間寺について

四国霊場第34番札所。航海の安全を祈願したことが寺の起源。寺号は、弘法大師空海が中国から持ち帰った五穀の種を蒔いたことに由来。本尊の薬師如来像は重文。
安産祈願のお礼として底のない柄杓が沢山奉納されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒781-0321 
高知県高知市春野町秋山72

電話番号

088-894-2234

交通アクセス

(1)堺町からバスで40分

徒歩で15分

すべての基本情報を見る

種間寺(しんかんじ)は、広島県広島市安佐南区にある仏教寺院です。本尊は大日如来で、安佐仏智山を本尊とします。種間寺は、江戸時代に平安時代から引き継がれた無量智門院流に属しています。種間寺は、開山の廓仙和尚が安佐明王像を祀った場所で建立されました。種間寺の本堂は、廓仙和尚が創建したと言われています。種間寺の境内には、種間大仏があるほか、種間大仏を祀る金堂や極楽殿、種間大仏聖堂などがあります。また、金剛杵石塔や明王像などの仏像もあります。種間寺は、広島県の文化財として指定されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。