田村神社(香川県高松市)


田村神社(香川県高松市)の地図情報☜

田村神社(香川県高松市)について

地元の方々から『一宮さん』と呼ばれ、親しまれている神社。稲作に不可欠な水を守る神社として、長く信仰を集めてきた。
起源は極めて古く社記によれば和銅二年(709)に社殿が創建されたとあり往古より「田村大社」「定水大明神」又は「一宮大明神」とも称され、人々より篤く崇敬されてきた。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒761-8084 
香川県高松市一宮町286

電話番号

087-885-1541

交通アクセス

(1)ことでん一宮駅から徒歩で10分

(2)高松西インターから車で10分

(3)高松中央インターから車で15分

(4)高松空港から車で15分

すべての基本情報を見る

香川県高松市にある田村神社は、昔から多くの神様が祀られている古来よりの神社です。境内には、宗家神社として栄えた紀元前1890年創建の聖徳太子神社、紀元前468年創建の大和神社、紀元前695年創建の重神社など、古代から現代まで多くの神社が集まっています。

また、田村神社は、大正7年(1918年)に「全国の神社・仏閣・神社社寺資料館」として開館した国宝を保有する神社でもあります。国宝の中では、紀元前3世紀に大和国の大将として活躍した聖徳太子の像が最も古く、今もその美しさを残しています。

田村神社は、古来より多くの神様を祀る神社であり、また国宝資料を保有しているということから、観光客が多く訪れる神社となっています。特に、聖徳太子神社の像は、古くから多くの人々を魅了し続けていると言われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。