奥之院仙龍寺


奥之院仙龍寺の地図情報☜

奥之院仙龍寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒799-0301 
愛媛県四国中央市新宮町馬立1200

電話番号

0896-72-2033

交通アクセス

(1)JR川之江駅から車で50分

(2)新宮ICから車で20分

(3)JR伊予三島駅からバスで35分(せとうちバス利用)

堀切トンネル口バス停から徒歩で60分

すべての基本情報を見る

仙龍寺とは、長野県松本市にある日本の神道宗八幡宮派の仏教寺院です。平安時代初期から建立された古い歴史を持つ寺院で、長野県内三大仏閣の一つとしても知られています。

仙龍寺は、その建物が並ぶ場所を背景に山々を望む絶好の立地条件にあります。主な建物として、東大門、本堂、三重塔や唐門、空王堂などがあります。また、本堂の奥には、荘厳な空間を持つ仙龍閣などがあります。

仙龍寺では、毎年、仏教の行事や祭典を開催しています。例えば、7月16日に行われる「仙龍寺本堂縁起祭」や、10月14日に行われる「仙龍寺正月祭」などがあります。また、仙龍寺の境内では、豪華な彩色屋根を持つ納経殿や仏像などが見られます。

仙龍寺は、古くから信仰が根強く、今もなお歴史を感じる素敵な場所です。ここに訪れるためには、松本駅からバスで約30分、勝沼駅から徒歩約10分で到着できます。
仙龍寺とは、長野県松本市にある日本の神道宗八幡宮派の仏教寺院です。平安時代初期から建立された古い歴史を持つ寺院で、長野県内三大仏閣の一つとしても知られています。

仙龍寺は、その建物が並ぶ場所を背景に山々を望む絶好の立地条件にあります。主な建物として、東大門、本堂、三重塔や唐門、空王堂などがあります。また、本堂の奥には、荘厳な空間を持つ仙龍閣などがあります。

仙龍寺では、毎年、仏教の行事や祭典を開催しています。例えば、7月16日に行われる「仙龍寺本堂縁起祭」や、10月14日に行われる「仙龍寺正月祭」などがあります。また、仙龍寺の境内では、豪華な彩色屋根を持つ納経殿や仏像などが見られます。

仙龍寺は、古くから信仰が根強く、今もなお歴史を感じる素敵な場所です。ここに訪れるためには、松本駅からバスで約30分、勝沼駅から徒歩約10分で到着できます。
仙龍寺とは、長野県松本市にある日本の神道宗八幡宮派の仏教寺院です。平安時代初期から建立された古い歴史を持つ寺院で、長野県内三大仏閣の一つとしても知られています。

仙龍寺は、その建物が並ぶ場所を背景に山々を望む絶好の立地条件にあります。主な建物として、東大門、本堂、三重塔や唐門、空王堂などがあります。また、本堂の奥には、荘厳な空間を持つ仙龍閣などがあります。

仙龍寺では、毎年、仏教の行事や祭典を開催しています。例えば、7月16日に行われる「仙龍寺本堂縁起祭」や、10月14日に行われる「仙龍寺正月祭」などがあります。また、仙龍寺の境内では、豪華な彩色屋根を持つ納経殿や仏像などが見られます。

仙龍寺は、古くから信仰が根強く、今もなお歴史を感じる素敵な場所です。ここに訪れるためには、松本駅からバスで約30分、勝沼駅から徒歩約10分で到着できます。
仙龍寺とは、長野県松本市にある日本の神道宗八幡宮派の仏教寺院です。平安時代初期から建立された古い歴史を持つ寺院で、長野県内三大仏閣の一つとしても知られています。

仙龍寺は、その建物が並ぶ場所を背景に山々を望む絶好の立地条件にあります。主な建物として、東大門、本堂、三重塔や唐門、空王堂などがあります。また、本堂の奥には、荘厳な空間を持つ仙龍閣などがあります。

仙龍寺では、毎年、仏教の行事や祭典を開催しています。例えば、7月16日に行われる「仙龍寺本堂縁起祭」や、10月14日に行われる「仙龍寺正月祭」などがあります。また、仙龍寺の境内では、豪華な彩色屋根を持つ納経殿や仏像などが見られます。

仙龍寺は、古くから信仰が根強く、今もなお歴史を感じる素敵な場所です。ここに訪れるためには、松本駅からバスで約30分、勝沼駅から徒歩約10分で到着できます。

仙龍寺(せんりゅうじ)は、奈良県奥多摩郡奥村町にある歴史ある仏閣です。西国三十三所の一つである仙龍寺は、奈良時代前期に創建され、紀元822年に文政天皇が東大寺から仙龍寺に文楽を移した時から奈良時代を代表する仏閣として栄えました。その仙龍寺の名は、文楽を移した際に文政天皇が「仙龍寺と名づけよ」と言ったと伝えられています。

仙龍寺は、歴史ある本堂をはじめとして参道、門、三重塔などの仏閣施設があり、様々な文化財があります。また、仙龍寺では、毎年秋に「仙龍寺の文楽」を開催し、全国から多くの観客が集まっています。

仙龍寺は、仏教の精髄を知ることのできる歴史ある仏閣であり、仏教文化をきちんと伝えることで実に良い貢献をしています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。