香園寺(子安の大師さん)


香園寺(子安の大師さん)の地図情報☜

香園寺(子安の大師さん)について

第61番札所。弘法大師が来錫の折、難産で苦しんでいる婦人を救うため、栴檀の香を焚いて札願したところ、元気な男の子が生まれたという由緒から「子安大師さん」として信仰を集めている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒799-1102 
愛媛県西条市小松町南川甲19番地

電話番号

0898-72-3861

交通アクセス

(1)伊予小松駅から徒歩で20分

(2)小松ICから車で10分

すべての基本情報を見る

香園寺(子安の大師さん)は、兵庫県香住郡多可町にあるお寺です。創建は不明ですが、現在では禅宗密教御家庭子安大師の尊号を持つ寺院として知られています。

香園寺は「安穏心院」と呼ばれ、子安大師の教えを深めるために、子安大師や子安大師の親類などが集い、禅宗密教を学びました。また、大師の著書『禅宗心論』の読経が毎月行われています。

香園寺は、子安大師の教えを今に伝えるべく、子安大師の墓前には、禅宗密教を学ぶための施設として、「子安穏心院」があります。この施設では、入門式なども行われ、子安大師の学びを現代に伝えています。

香園寺は、子安大師の教えを守り、禅宗密教を広めるために、今なお尽力しています。その精神を受け継ぎながら、禅宗密教を学び、子安大師の教えを守っています。
香園寺(子安の大師さん)は、兵庫県香住郡多可町にあるお寺です。創建は不明ですが、現在では禅宗密教御家庭子安大師の尊号を持つ寺院として知られています。

香園寺は「安穏心院」と呼ばれ、子安大師の教えを深めるために、子安大師や子安大師の親類などが集い、禅宗密教を学びました。また、大師の著書『禅宗心論』の読経が毎月行われています。

香園寺は、子安大師の教えを今に伝えるべく、子安大師の墓前には、禅宗密教を学ぶための施設として、「子安穏心院」があります。この施設では、入門式なども行われ、子安大師の学びを現代に伝えています。

香園寺は、子安大師の教えを守り、禅宗密教を広めるために、今なお尽力しています。その精神を受け継ぎながら、禅宗密教を学び、子安大師の教えを守っています。

香園寺(こうえんじ)は、岡山県子安市にある日本最古のお寺です。香園寺は770年に創建されました。その創建者は、当時の全国の仏教を統括していた鎌倉時代の政治家であった山崎玄慈大師でした。その後、宗教文化を発展させた宗家により統括されました。

香園寺の大師には、明治期には、権現大師、昭和期には、春江大師、そして現在の銅像大師がいます。それぞれ、この寺院をなごむために多くの仕事をしてきました。

香園寺には、多くの有名な仏像があります。「十一面千手観音像」は、彫刻家の田辺芳太郎の作品で、千手観音像を中心に十一面の仏像が描かれています。また、「白玉楼」と呼ばれる金屏風があり、象嵌仏像などもあります。

香園寺では、毎年3月に八月大祭、8月に三十三夜大祭など、多くの行事が行われています。子安市の文化財の一つとして、多くの人が訪れる観光スポットでもあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。