常楽寺(徳島県徳島市)


常楽寺(徳島県徳島市)の地図情報☜

常楽寺(徳島県徳島市)について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒779-3128 
徳島県徳島市国府町延命606

電話番号

088-642-0471

すべての基本情報を見る

常楽寺は、徳島県徳島市にある歴史あるお寺です。当寺は、一九八八年、明治天皇の勅願により、徳川家康公を供養するために創建されました。現在の寺院は、徳川家綱の末裔である徳川家篤家が建立した江戸時代に建てられたものです。

常楽寺は、参道を入ると入り口の前に千本鳥居があります。そして、本堂を据えた建物は、黒檀で覆われた五重塔で、四隅には緑の灯籠がそびえ立ちます。また、寺内には徳川家康公の墓所があり、その前には、和服姿で眠る徳川家康公の銅像が建っています。

また、常楽寺の外観は、真ん中には五重塔が立ち、土手を挟んでその左右に鳥居が立つ形をしており、その周りに石像、木彫り、塔門などもあります。

常楽寺は、徳島県の代表的な観光スポットであり、毎年多くの観光客が訪れています。また、その勅願を祝うために、毎年7月28日には常楽祭が開催されています。
常楽寺は、徳島県徳島市にある歴史あるお寺です。当寺は、一九八八年、明治天皇の勅願により、徳川家康公を供養するために創建されました。現在の寺院は、徳川家綱の末裔である徳川家篤家が建立した江戸時代に建てられたものです。

常楽寺は、参道を入ると入り口の前に千本鳥居があります。そして、本堂を据えた建物は、黒檀で覆われた五重塔で、四隅には緑の灯籠がそびえ立ちます。また、寺内には徳川家康公の墓所があり、その前には、和服姿で眠る徳川家康公の銅像が建っています。

また、常楽寺の外観は、真ん中には五重塔が立ち、土手を挟んでその左右に鳥居が立つ形をしており、その周りに石像、木彫り、塔門などもあります。

常楽寺は、徳島県の代表的な観光スポットであり、毎年多くの観光客が訪れています。また、その勅願を祝うために、毎年7月28日には常楽祭が開催されています。
常楽寺は、徳島県徳島市にある歴史あるお寺です。当寺は、一九八八年、明治天皇の勅願により、徳川家康公を供養するために創建されました。現在の寺院は、徳川家綱の末裔である徳川家篤家が建立した江戸時代に建てられたものです。

常楽寺は、参道を入ると入り口の前に千本鳥居があります。そして、本堂を据えた建物は、黒檀で覆われた五重塔で、四隅には緑の灯籠がそびえ立ちます。また、寺内には徳川家康公の墓所があり、その前には、和服姿で眠る徳川家康公の銅像が建っています。

また、常楽寺の外観は、真ん中には五重塔が立ち、土手を挟んでその左右に鳥居が立つ形をしており、その周りに石像、木彫り、塔門などもあります。

常楽寺は、徳島県の代表的な観光スポットであり、毎年多くの観光客が訪れています。また、その勅願を祝うために、毎年7月28日には常楽祭が開催されています。
常楽寺は、徳島県徳島市にある歴史あるお寺です。当寺は、一九八八年、明治天皇の勅願により、徳川家康公を供養するために創建されました。現在の寺院は、徳川家綱の末裔である徳川家篤家が建立した江戸時代に建てられたものです。

常楽寺は、参道を入ると入り口の前に千本鳥居があります。そして、本堂を据えた建物は、黒檀で覆われた五重塔で、四隅には緑の灯籠がそびえ立ちます。また、寺内には徳川家康公の墓所があり、その前には、和服姿で眠る徳川家康公の銅像が建っています。

また、常楽寺の外観は、真ん中には五重塔が立ち、土手を挟んでその左右に鳥居が立つ形をしており、その周りに石像、木彫り、塔門などもあります。

常楽寺は、徳島県の代表的な観光スポットであり、毎年多くの観光客が訪れています。また、その勅願を祝うために、毎年7月28日には常楽祭が開催されています。

常楽寺は、徳島県徳島市にある寺院です。純正正宗の小林宗に属し、阪口家を家定としています。現在の建物は明治時代に建てられたもので、江戸時代から続く伝統的な建物です。

本尊は文殊菩薩ですが、紅葉の名所としても有名で、毎年秋には多くの観光客が訪れます。また、無形民俗文化財として登録されています。

徳島市にある常楽寺には、金剛堂や大仏殿などの名勝があり、美しい庭園があります。また、徳島県内で最も古い鳴門山の景勝地である「鳴門山展望台」もあります。

常楽寺では、年中行事もあります。お盆や正月の間には、境内で大きな太鼓を演奏しています。また、毎月第二日曜日には、「徳島県内最大級の平安祭」が開かれます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。