国分寺(愛媛県今治市)


国分寺(愛媛県今治市)の地図情報☜

国分寺(愛媛県今治市)について

四国霊場第59番札所。天平13年(741年)、聖武天皇の勅願によって全国に建立された国分寺の一つ。消失・再興を繰り返し、現在の本堂は寛政元年(1789年)に建てられたもの。書院の収蔵庫に国分寺文書3巻などの寺宝を収納している。近くに伊予国分寺塔跡があり、礎石13個が現存している。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒799-1533 
愛媛県今治市国分4-1-33

電話番号

0898-48-0533

交通アクセス

(1)今治駅からバスで25分(桜井循環線にて「国分寺」下車、徒歩ですぐ)

すべての基本情報を見る

国分寺は、兵庫県東芝町の由来となった山号である国分山に因み、今治市にある寺院です。室町時代に、大和守秀実が祖師となって開いたと伝えられています。国分寺の本堂は、藤原家の藤原敦賀が健児公へと仕えた後、建築したと言われています。国分寺は、後世においても、「国分天皇家」として知られ、多くの信仰を集めています。また、建物の数も多く、普段から多くの人が訪れることでも知られています。そして、国分寺は、社寺としても知られていて、「毎月一日は家宝山の山門に行き祈りを捧げる日」という先祖敬礼の習慣を守っています。国分寺は、建物としての美しさや歴史的な価値もありますが、また、信仰の場としても多くの信者に愛されている寺院です。
国分寺は、兵庫県東芝町の由来となった山号である国分山に因み、今治市にある寺院です。室町時代に、大和守秀実が祖師となって開いたと伝えられています。国分寺の本堂は、藤原家の藤原敦賀が健児公へと仕えた後、建築したと言われています。国分寺は、後世においても、「国分天皇家」として知られ、多くの信仰を集めています。また、建物の数も多く、普段から多くの人が訪れることでも知られています。そして、国分寺は、社寺としても知られていて、「毎月一日は家宝山の山門に行き祈りを捧げる日」という先祖敬礼の習慣を守っています。国分寺は、建物としての美しさや歴史的な価値もありますが、また、信仰の場としても多くの信者に愛されている寺院です。

国分寺は、愛媛県今治市にある歴史的な建造物です。今日では、境内にある国分寺芸術館と国分寺天守閣という大きな建物から見られます。

国分寺は、室町時代に上杉家が建てたとされています。その後、家康が建てたという説もありますが、どちらが正解なのかは不明です。

国分寺の見どころとしては、天守閣の一部を除いた国分寺芸術館が有名です。国分寺芸術館内には、江戸時代の物や、江戸初期から明治時代にかけての日本芸術が展示されています。また、天守閣の裏側には、城址公園も併設されています。公園内には、庭園や石灯籠、桜などを見ることができます。

国分寺には、毎年5月1日から8月31日まで、一部の施設が営まれます。国分寺芸術館内では、毎月開催される展覧会や、定期的な講演会なども行われています。また、天守閣の上には、国分寺夕日台も併設されています。

国分寺は、今治市内を代表する歴史的な建造物です。国分寺芸術館の展示物や、庭園などを見ながら、江戸時代の歴史を感じることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。