萩原寺


萩原寺の地図情報☜

萩原寺について

五郷山公園の横に座す古刹。大同2年、弘法大師によって開基されたと伝えられる。境内には本堂、仁王門、大師堂、宝物館などが立ち並び、かつての輝かしい歴史を物語っている。9月には約2,000株におよぶ萩が咲き乱れ、多くの参拝者の目を楽しませている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒769-1614 
香川県観音寺市大野原町萩原2742

電話番号

0875-54-2066

交通アクセス

(1)大野原ICから車で10分

すべての基本情報を見る

萩原寺は、大阪府東大阪市にある、法然上人を祖とする真言宗・建前寺派のお寺です。萩原寺は、天台宗の創始者である大乗仏教の第三祖、法然上人が1911年(明治44年)に創建しました。萩原寺の創建にあたり、法然上人は「仏法の学問により学びを深め、働きにより自分自身を磨き、調和を重んじて仏法を伝え、衆生を救い放免する」と宣言しています。そのため、萩原寺では、仏法の学問を学ぶと共に、子どもたちの教育、社会貢献活動を行っています。また、萩原寺は、仏教の修行や練磨を通して、信心を深め、仏法を伝えていくことを目的としています。
萩原寺は、大阪府東大阪市にある、法然上人を祖とする真言宗・建前寺派のお寺です。萩原寺は、天台宗の創始者である大乗仏教の第三祖、法然上人が1911年(明治44年)に創建しました。萩原寺の創建にあたり、法然上人は「仏法の学問により学びを深め、働きにより自分自身を磨き、調和を重んじて仏法を伝え、衆生を救い放免する」と宣言しています。そのため、萩原寺では、仏法の学問を学ぶと共に、子どもたちの教育、社会貢献活動を行っています。また、萩原寺は、仏教の修行や練磨を通して、信心を深め、仏法を伝えていくことを目的としています。

萩原寺は、福岡県福岡市の中央区にある歴史的な施設です。建物は江戸時代初期に建てられましたが、東京大震災の影響により、現在は改修された建物となっています。現在は、福岡市の古い家々の中でも最も古い寺院として知られています。萩原寺には、有名な明治天皇の遺骨が眠っているほか、禅宗の本山としても知られており、多くの信仰者が訪れています。また、萩原寺内には、古くから受け継がれている境内の芝生や古木、芝桜があり、萩原寺を訪れる人々を驚かせています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。