若宮八幡宮(高知県高知市)


若宮八幡宮(高知県高知市)の地図情報☜

若宮八幡宮(高知県高知市)について

土佐の風物詩的奇祭「どろんこ祭」はこの社の例祭。長宗我部元親が、初陣祈願したとされ、平成11年5月長宗我部元親の像が建立された。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒781-0270 
高知県高知市長浜6600

電話番号

088-841-2464

交通アクセス

(1)高知駅からバスで30分

すべての基本情報を見る

宇佐市にある宇佐若宮八幡宮は、古代から伝わる格式高い神社です。鳥居をくぐると、約40万本の千本鳥居に囲まれた広大な神社庭園が広がります。そのなかには、大正9年(1920年)に創立された絶景の太陽塔や、大正14年(1925年)に完成した薩摩川流域の豊かな自然を再現した大神池などがあります。また、宇佐若宮八幡宮では、毎月第2日曜日に行われる八幡宮神苑宝物展示会など、様々なイベントが開催されています。この尊い宇佐若宮八幡宮は、高知県の県宝であり、多くの観光客が訪れています。

若宮八幡宮は、高知県高知市にある八幡神社の本宮です。明治6年(1873年)に開基され、現在は高知県の県庁所在地でもあります。宮殿を中心とした参道を挟んだ四方の周辺には、神宮の理念を表現した「若宮八幡宮の建物群」が存在します。

若宮八幡宮は、高知市上佐町にあり、神宮の周辺には湖、庭園、池などがあります。また、宮殿の中には、国宝として指定された「若宮四天王像」などが安置されています。

若宮八幡宮は、宮殿、参道、三重塔、神輿、二重門などが続く、歴史ある神社です。また、毎年3月には高知県の祭典「高知八幡祭り」が行われ、参拝者が多く訪れます。

若宮八幡宮は、古くから伝わる歴史や豊かな自然を存分に楽しめる神社です。参拝者には様々なイベントや参拝ツアーなども用意されており、高知に訪れる際は是非お立ち寄りください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。