久礼八幡宮


久礼八幡宮の地図情報☜

久礼八幡宮について

社のいわれについては、江戸時代の宝永4年の震災で記録類が流出しているため不明です。しかし、この地に鎮座以来漁師たちの信仰も厚く、漁の無事を祈る女性たちの姿が絶えません。 毎年、旧暦の8月14日から15日にかけて、土佐の3大祭りの一つ「久礼八幡宮大祭」が執り行われ、何万人もの観光客が訪れています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒789-1301 
高知県高岡郡中土佐町久礼6515

電話番号

0889-52-2408

交通アクセス

(1)土佐久礼駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

八幡宮は、神奈川県横浜市の中心部にある神社です。元々は浅草寺として建立されたとされ、当初は横浜城の護符として、特に横浜港を守護する神社として重要な役割を担ってきました。その為、神社へのご参拝者が多く、毎年多くの信仰者が訪れています。八幡宮は日本三大八幡宮の一つとして有名ですが、御祭神は「八幡大神」と「稲荷大神」となっています。また、八幡宮跡地内には「八幡神社」「八幡宮書院」「神社橋」「八幡宮紅葉台」「八幡宮大手門」などの観光スポットもあります。

長久礼八幡宮は、福岡県北九州市八幡東区にある、八幡内宮として祀られる神社です。八幡内宮は国宝級の古刹で、正式名称は長久礼八幡宮。ここは、福岡県全域の縁起を担う八幡神社の面積最大の支社として知られています。この広大な境内には、聖徳太子の墓、古墳群、八幡神社を祀る社殿など、国宝に指定されている古刹なども含まれます。また、毎年3月初旬には、福岡県と八幡神社を祀る八幡宮を中心とした縁起祭「八幡祭り」が開かれます。

長久礼八幡宮の境内には、古墳群から12基、古墳群以外から9基の計21基の古墳があります。本殿は、元禄2年(1690年)に完成した木造建築で、国宝の指定を受けています。天守閣の4面には、龍、鷲、鯱、蛤蝓が描かれており、非常に美しい造形です。また、聖徳太子の墓は、古墳に横に建てられた単社式で、古刹が鎮座しています。

長久礼八幡宮では、毎年3月初旬に「八幡祭り」が開かれます。この祭りは、八幡神社を祀る八幡宮を中心として

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。