正法寺(徳島県藍住町)


正法寺(徳島県藍住町)の地図情報☜

正法寺(徳島県藍住町)について

本堂内陣の絵天井など

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒771-1251 
徳島県板野郡藍住町矢上西18-1

電話番号

088-692-3298

交通アクセス

(1)勝瑞駅から車で10分

すべての基本情報を見る

「正法寺」とは、徳島県藍住町にある建物です。正法寺は、南宗の寺院であり、摩耶山聖心院の別院として建立されました。正法寺は、15世紀の建立以来、毎月月初めに開かれる大観開きをはじめ、各種のお祭りや行事を開催しています。特に、南宗の寺院として有名な正法寺は、建物やお寺の施設などを維持しているため、観光客が訪れることが多いです。また、正法寺の境内には、慈恩院の境内や仏閣などもあり、古い寺院の雰囲気を味わうことができます。正法寺は、古くから受け継がれてきた伝統的な文化を守り続けています。
「正法寺」とは、徳島県藍住町にある建物です。正法寺は、南宗の寺院であり、摩耶山聖心院の別院として建立されました。正法寺は、15世紀の建立以来、毎月月初めに開かれる大観開きをはじめ、各種のお祭りや行事を開催しています。特に、南宗の寺院として有名な正法寺は、建物やお寺の施設などを維持しているため、観光客が訪れることが多いです。また、正法寺の境内には、慈恩院の境内や仏閣などもあり、古い寺院の雰囲気を味わうことができます。正法寺は、古くから受け継がれてきた伝統的な文化を守り続けています。
「正法寺」とは、徳島県藍住町にある建物です。正法寺は、南宗の寺院であり、摩耶山聖心院の別院として建立されました。正法寺は、15世紀の建立以来、毎月月初めに開かれる大観開きをはじめ、各種のお祭りや行事を開催しています。特に、南宗の寺院として有名な正法寺は、建物やお寺の施設などを維持しているため、観光客が訪れることが多いです。また、正法寺の境内には、慈恩院の境内や仏閣などもあり、古い寺院の雰囲気を味わうことができます。正法寺は、古くから受け継がれてきた伝統的な文化を守り続けています。
「正法寺」とは、徳島県藍住町にある建物です。正法寺は、南宗の寺院であり、摩耶山聖心院の別院として建立されました。正法寺は、15世紀の建立以来、毎月月初めに開かれる大観開きをはじめ、各種のお祭りや行事を開催しています。特に、南宗の寺院として有名な正法寺は、建物やお寺の施設などを維持しているため、観光客が訪れることが多いです。また、正法寺の境内には、慈恩院の境内や仏閣などもあり、古い寺院の雰囲気を味わうことができます。正法寺は、古くから受け継がれてきた伝統的な文化を守り続けています。

正法寺は、徳島県藍住町にある寺院です。正法寺は建立されたのは、室町時代になってからとされ、天台宗の寺院です。今でも本堂や山門などが残されており、修学院の施設もあり、そこでは仏教、漢学を学んでいます。正法寺には、多くの建物があり、宝物館などもあります。正法寺には、室町時代の開基以来、多くの僧侶が聖職を勤めてきました。また、正法寺は、室町時代から現在まで多くの信仰者が訪れてきました。正法寺には、多くの仏像や絵画があり、仏教を学ぶために有名な場所としても有名です。正法寺は、今でも多くの信仰者が訪れ、仏教を信仰している人々にとって大変重要な場所です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。