南光坊


南光坊の地図情報☜

南光坊について

四国霊場第55番札所。四国霊場八十八ヶ所の中で唯一「坊」という名称がついています。古義真言宗御室派で、もと大三島大山祇神社の属坊として宮浦(大三島)に建てられたものですが、正治年間(1199~1201)に別宮大山祇神社の別当寺として8坊が移されたものの一つ。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒794-0026 
愛媛県今治市別宮町3-1

電話番号

0898-22-2916

交通アクセス

(1)今治駅から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

「段落の区切りに使用できるタグ」というのは、HTMLの要素の中で「

」タグを指しています。「

」タグは、文章を段落に分けるために使用するものです。このタグを使用すると、文章の区切りが見やすくなります。また、その他にも、段落を区切るために使用できるタグとして「
」タグがありますが、これは、段落を分けるためのタグではなく、1 行の区切りを表すためのタグです。
「段落の区切りに使用できるタグ」というのは、HTMLの要素の中で「

」タグを指しています。「

」タグは、文章を段落に分けるために使用するものです。このタグを使用すると、文章の区切りが見やすくなります。また、その他にも、段落を区切るために使用できるタグとして「
」タグがありますが、これは、段落を分けるためのタグではなく、1 行の区切りを表すためのタグです。

南光坊は、青森県八戸市の八戸神社にある、江戸時代に建てられた木造建築物です。江戸時代後期に建てられたとされ、無垢材を用いてつくられているため、現在もその原形を大きく変えずに残る、歴史的建造物として国の文化財に指定されています。

南光坊は、約200坪の広さを持ち、天守閣をはじめとする屋根部分は、屋根瓦が特徴的な見た目をしています。その他、木造建築物ならではの、木構造の複雑な建築技術を応用した、彫刻・塗装なども施されています。

南光坊は、八戸神社の毎月10日に行われる祭礼の中心的な建物でもあります。八戸神社の本殿の位置も、南光坊を置いた土台の上にあり、その役割も大きなものとなっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。