大日寺(徳島県徳島市)


大日寺(徳島県徳島市)の地図情報☜

大日寺(徳島県徳島市)について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒779-3132 
徳島県徳島市一宮町西丁263

電話番号

088-644-0069

すべての基本情報を見る

大日寺(徳島県徳島市)は、日本の聖地として宗教的な重要性を持つ古刹である。古くから多くの信者が訪れ、古代から現代に至るまで、多くの信仰者が訪れてきた。大日寺は、神仏習合を行っており、仏教・神道の二大宗教を横断する重要な場所としても知られている。大日寺は、仏門、大日堂、本堂、参拝頭陀堂の4つの御堂を有している。仏門は、12世紀に徳島県建設の大日寺創建の記念として建立されたもので、今も現存している。大日堂は、徳島県社会の先駆的な建築物で、象徴的な形をしている。本堂と参拝頭陀堂は、大日寺において最も重要な場所で、重要文化財として保存されている。大日寺は、多くの信仰者が訪れる重要な場所であり、古来から現在まで多くの信仰者が訪れてきた聖地でもある。
大日寺(徳島県徳島市)は、日本の聖地として宗教的な重要性を持つ古刹である。古くから多くの信者が訪れ、古代から現代に至るまで、多くの信仰者が訪れてきた。大日寺は、神仏習合を行っており、仏教・神道の二大宗教を横断する重要な場所としても知られている。大日寺は、仏門、大日堂、本堂、参拝頭陀堂の4つの御堂を有している。仏門は、12世紀に徳島県建設の大日寺創建の記念として建立されたもので、今も現存している。大日堂は、徳島県社会の先駆的な建築物で、象徴的な形をしている。本堂と参拝頭陀堂は、大日寺において最も重要な場所で、重要文化財として保存されている。大日寺は、多くの信仰者が訪れる重要な場所であり、古来から現在まで多くの信仰者が訪れてきた聖地でもある。
大日寺(徳島県徳島市)は、日本の聖地として宗教的な重要性を持つ古刹である。古くから多くの信者が訪れ、古代から現代に至るまで、多くの信仰者が訪れてきた。大日寺は、神仏習合を行っており、仏教・神道の二大宗教を横断する重要な場所としても知られている。大日寺は、仏門、大日堂、本堂、参拝頭陀堂の4つの御堂を有している。仏門は、12世紀に徳島県建設の大日寺創建の記念として建立されたもので、今も現存している。大日堂は、徳島県社会の先駆的な建築物で、象徴的な形をしている。本堂と参拝頭陀堂は、大日寺において最も重要な場所で、重要文化財として保存されている。大日寺は、多くの信仰者が訪れる重要な場所であり、古来から現在まで多くの信仰者が訪れてきた聖地でもある。
大日寺(徳島県徳島市)は、日本の聖地として宗教的な重要性を持つ古刹である。古くから多くの信者が訪れ、古代から現代に至るまで、多くの信仰者が訪れてきた。大日寺は、神仏習合を行っており、仏教・神道の二大宗教を横断する重要な場所としても知られている。大日寺は、仏門、大日堂、本堂、参拝頭陀堂の4つの御堂を有している。仏門は、12世紀に徳島県建設の大日寺創建の記念として建立されたもので、今も現存している。大日堂は、徳島県社会の先駆的な建築物で、象徴的な形をしている。本堂と参拝頭陀堂は、大日寺において最も重要な場所で、重要文化財として保存されている。大日寺は、多くの信仰者が訪れる重要な場所であり、古来から現在まで多くの信仰者が訪れてきた聖地でもある。

大日寺は徳島県徳島市にある歴史あるお寺です。現在の大日寺は、江戸初期に安全地帯として極楽寺の僧、源稚太郎が開いたとされています。源氏物語でも取り上げられた大日寺は、平安時代から続く宗教文化を底流として、文学や芸術に多大な影響を与えてきました。

大日寺には、建物や石像などが充実しており、敷地内には池などもあります。敷地内には、源氏物語の中で描かれた「藤棚」があります。大日寺では、春夏秋冬に開催される季節行事が人気があります。また、1年を通して開催される社寺行事や講習会などもあります。

大日寺では、毎月第1金曜日に開催される「大日寺定期開館」も人気があります。開館時間は、午前10時から午後4時までです。大日寺定期開館では、建物や石像を詳しく見ることができます。一方、大日寺には宿泊施設もあり、神格や神社、仏閣を巡る修行を楽しむことができます。

大日寺ではさまざまなイベントが開催されており、徳島県の文化を体験するのに最適な場所です。大日寺では、地域の人々との交流を大切にして

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。