十夜ヶ橋永徳寺


十夜ヶ橋永徳寺の地図情報☜

十夜ヶ橋永徳寺について

四国八十八か所の番外札所

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒795-0064 
愛媛県大洲市十夜ヶ橋

電話番号

0893-25-2530

交通アクセス

(1)伊予大洲駅から車で8分

すべての基本情報を見る

十夜ヶ橋永徳寺(とおやがはしえいとくじ)は、京都府福知山市にある歴史的な寺院です。建立は不詳ですが、室町時代(1392-1573)以前には存在していたと言われています。大正3年(1914)に開基され、正式に開院となりました。

十夜ヶ橋永徳寺の本尊は、慈覚大師頂上大日如来です。本尊以外にも、金色大日如来、千手観音、千手千眼観世音菩薩などがあります。また、歴史的なものとして、京都の芸術家・石田三成が造り上げた「大蓮華院」があります。

十夜ヶ橋永徳寺では、毎年7月7日に「十夜祭」が行われます。この祭りは、十夜ヶ橋永徳寺に伝わる古来の習俗であり、十夜ヶ橋永徳寺を訪れる人々にとって大いに盛り上がるイベントです。また、毎年9月13日に「新秋祭り」が開かれます。この祭りは、十夜ヶ橋永徳寺に伝わる古来の習俗で、新秋を迎える祭典として行われています。

十夜ヶ橋永徳寺は、山梨県の南杜市にある寺院です。日本最古の浄土宗である十三郷の一つで、建立されたのは9世紀前半とされています。十夜ヶ橋永徳寺は、有名な釈迦牟尼の誕生を祝う場所としても知られており、東寺としても知られています。

正倉院としても知られている十夜ヶ橋永徳寺は、境内には多くの建物があり、屋敷跡なども見ることができます。正倉院は、特別史跡の一つとして日本政府から保護されています。境内には、有名な薬王院や大仏殿、正倉院などもあり、宗教的な場所としても重要な役割を担っています。

十夜ヶ橋永徳寺は、多くの観光客が訪れる観光スポットとしても知られています。ここでは、釈迦牟尼の誕生を祝う祭典が開催され、多くの信仰者が訪れています。また、境内には、千羽鶴、陶磁器、書画などの伝統的な芸術を鑑賞することができます。

十夜ヶ橋永徳寺は、山梨県で最も古い寺院です。境内の正倉院も重要な文化財として保護されており、釈迦牟尼の誕生を祝う祭典の開催など、宗教的な場所

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。