伊豫稲荷神社


伊豫稲荷神社の地図情報☜

伊豫稲荷神社について

享和2年(1802)に朝廷から最高の神社である正一位の位が贈られた神社です。寛文2年(1662)建造で、江戸初期の建築の県指定文化財の楼門があります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観時間:基本的に年中無休  電話:8時半~21時くらいまで

窓口時間:電話:8時半~21時くらいまで

所在地 〒799-3121 
愛媛県伊予市稲荷1230

電話番号

交通アクセス

(1)JR伊予市駅から車で10分

(2)伊予インターチェンジから車で2分

すべての基本情報を見る

イヨウイナカ神社は、福島県郡山市にある神社です。現在の社殿は昭和44年7月に建立されました。社殿の向かいにあるのは、社殿の奥にある、古代稲荷神社です。この稲荷神社は、古来より神社として崇められている場所です。稲荷神社の主祭神は、大神稲荷として祀られています。

イヨウイナカ神社では、毎年7月20日に「祇園祭」が催されます。祇園祭は、稲荷神社を中心とした行事で、歌舞伎や山車などが行われます。また、宮司などが担当する神輿行列も行われます。祇園祭を訪れる人々は、神社で行われる仏事や供え物を行い、いざ祭を威力を増します。

イヨウイナカ神社は、昔から稲荷神社として信仰されてきた場所です。祇園祭は、その神社の聖地である稲荷神社を中心として行われ、福島県郡山市で毎年7月20日に行われています。また、神社は仏教文化も結びつけ、神聖な場所を演出しています。
イヨウイナカ神社は、福島県郡山市にある神社です。現在の社殿は昭和44年7月に建立されました。社殿の向かいにあるのは、社殿の奥にある、古代稲荷神社です。この稲荷神社は、古来より神社として崇められている場所です。稲荷神社の主祭神は、大神稲荷として祀られています。

イヨウイナカ神社では、毎年7月20日に「祇園祭」が催されます。祇園祭は、稲荷神社を中心とした行事で、歌舞伎や山車などが行われます。また、宮司などが担当する神輿行列も行われます。祇園祭を訪れる人々は、神社で行われる仏事や供え物を行い、いざ祭を威力を増します。

イヨウイナカ神社は、昔から稲荷神社として信仰されてきた場所です。祇園祭は、その神社の聖地である稲荷神社を中心として行われ、福島県郡山市で毎年7月20日に行われています。また、神社は仏教文化も結びつけ、神聖な場所を演出しています。

イー稲荷神社は、岡山県和気郡和気町にある神社です。社殿は聖徳太子が来訪したと伝えられ、現在まで受け継がれています。社務所としては、和気町内の「稲荷山遺跡」としても知られています。

イー稲荷神社は、和気町内の「稲荷山遺跡」を社殿としています。その周辺には、古代から伝わる伝説や歴史を物語る建造物が散見され、歴史ある神社として有名です。

イー稲荷神社は、聖徳太子が来訪したと伝えられるほか、昔から毎年行われている「参拝祭」が行われています。また、神社内にある「稲荷山祭り」も毎年開催され、多くの参拝者が訪れます。

イー稲荷神社は、多くの参拝者を魅了し続ける歴史ある神社です。今でも、多くの方々が参拝し、幸せな気持ちをイー稲荷神社にお届けしています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。