神宮寺(徳島県つるぎ町)


神宮寺(徳島県つるぎ町)の地図情報☜

神宮寺(徳島県つるぎ町)について

真言宗御室派の名刹。平安時代の「銅錫杖」頭など多くの文化財を保存。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒779-4404 
徳島県美馬郡つるぎ町半田字東久保884番地

電話番号

0883-64-2049

交通アクセス

(1)美馬ICから車で12分

(2)貞光駅からバスで15分

神宮寺下 下車から徒歩で5分

すべての基本情報を見る

大谷大明神宮寺(徳島県つるぎ町)は、明治6年(1873年)に大谷大明神を祀るために建立された神社です。ここには、大谷大明神をはじめとする、多くの宗教的な神々が祀られています。また、この神社は、「日本三大神社」の一つとして有名で、多くの信者が訪れています。特に、安産および子宝のご利益を願うために多くの人が訪れます。この神社の周辺には、古い参道や池などが見られ、美しい景色を楽しむことができます。さらに、毎年4月1日には、大谷大明神祭が開催され、多くの人が参拝します。大谷大明神宮寺は、徳島県つるぎ町で有名な神社であり、古き伝統を守っている神社です。

徳島県つるぎ町には、高野山の密教御霊廟として知られる、龍宮寺があります。龍宮寺は、熊野古道を歩いた末、宗門山内に祀る密教の御霊廟です。

龍宮寺は、天台宗の本山高野山を始祖とする、熊野三十三所の一つに数えられます。熊野古道を歩いた末に到達できる密教の御霊廟として、信仰の対象となっています。

龍宮寺の建築は、天台宗の本山高野山と同じ建築様式を取り入れており、昔ながらの趣を残しています。また、龍宮寺は、歴史的建造物群保存法により、国の史跡として指定されています。

龍宮寺では、六月十三日に開催される龍宮寺祭が有名で、観光客でにぎわうほど人気があります。この祭りでは、当寺の大きな御宝を見ることができます。また、龍宮寺周辺には、高野山の真言宗のお寺や、熊野古道の旅を楽しむことができる観光スポットがあります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。