琴平神社(高知県南国市)


琴平神社(高知県南国市)の地図情報☜

琴平神社(高知県南国市)について

地元では「十市の金毘羅さん」として知られる神社で、琴平山の山頂にあります。本殿・拝殿・絵馬堂など壮麗で眺望も素晴しいです。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒783-0082 
高知県南国市里改田2607

電話番号

088-865-8881

交通アクセス

(1)後免駅からバスで20分

徒歩で20分

すべての基本情報を見る

おこんどはんきんぺいしんじゃ(こうちけんなんぐっくし)は、高知県南国市にある神社です。神社は、民家の向かい側に位置し、非常に古くから存在しています。また、伝承によると、宮古藩末期の内閣総理大臣・西郷隆盛が、ここの開山の祖とされています。

おみやげとして、お菓子や飴などが売られており、参拝客が多いです。また、毎月第三日曜日には毎月例祭が行われ、参拝客が毎月多く集まります。また、祭りの際はお祭りを楽しむ人々も多く見られます。

お神輿なども手掛けており、神社の雰囲気を一層彩ります。また、神社の中心には豪勇な様子の大石碑があり、西郷隆盛に敬意を表しています。

おこんどはんきんぺいしんじゃは、神社の伝統を守り続けてきた歴史ある神社です。参拝する方々にとって、神社を守り続けるという歴史を肌で感じられる場所です。
おこんどはんきんぺいしんじゃ(こうちけんなんぐっくし)は、高知県南国市にある神社です。神社は、民家の向かい側に位置し、非常に古くから存在しています。また、伝承によると、宮古藩末期の内閣総理大臣・西郷隆盛が、ここの開山の祖とされています。

おみやげとして、お菓子や飴などが売られており、参拝客が多いです。また、毎月第三日曜日には毎月例祭が行われ、参拝客が毎月多く集まります。また、祭りの際はお祭りを楽しむ人々も多く見られます。

お神輿なども手掛けており、神社の雰囲気を一層彩ります。また、神社の中心には豪勇な様子の大石碑があり、西郷隆盛に敬意を表しています。

おこんどはんきんぺいしんじゃは、神社の伝統を守り続けてきた歴史ある神社です。参拝する方々にとって、神社を守り続けるという歴史を肌で感じられる場所です。

高知県南国市にある九重山神社福島別院・小琴平神社は、九重山の四大神社の一つです。神社は、室町時代後期に大久保伊香保家が建立したと言われています。大久保家は小琴平神社を伊香保家の本家とし、家臣の名を冠した神社として信仰を継続しています。

小琴平神社は、南国市の重要文化財として登録されています。施設内には、室町時代末期に建立された正殿があり、古代から現在まで変わらず伝わる祭祀行事が行われています。

小琴平神社は、高知県内で数多くの神社がありますが、歴史を感じることができる神社であると言われています。また、近くには「湾斗山」と呼ばれる古代山があり、神話や伝説を感じられる場所としても観光客が訪れています。

小琴平神社は、毎年5月3日に開催される「福島祭」が特に有名です。この祭りは、御神輿を牛車に乗せて街へ出して神輿祭りを行っています。神社には、神社に関連したお守りや特産品なども販売されているため、観光客が足を運んでいます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。