八幡神社(愛媛県内子町)


八幡神社(愛媛県内子町)の地図情報☜

八幡神社(愛媛県内子町)について

内子本町商店街の中ほどにある神社。境内には、町指定天然記念物いちょうの大樹がある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒791-3301 
愛媛県喜多郡内子町内子

電話番号

交通アクセス

(1)内子駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

八幡神社(愛媛県内子町)は、愛媛県内子町にある神社です。その名のとおり八幡大神(八幡大明神)を祀っています。八幡神社は、神奈川県八幡神社を元にしていると言われています。12世紀に建立されたと言われていますが、正確な築城年は不明です。八幡神社は、宮家大家が築いたといわれる神社で、豊穣を祈願するために祀られています。この神社は、日本有数の神社のひとつであり、歴史的建造物としても知られています。八幡神社は、本殿・本坊・西坊・稲荷坊・殿堂坊などがあり、様々な建物が残っています。また、神社の中には、歴代の八幡宮家の墓があり、古いものから近代的なものまで様々な墓があります。八幡神社には、神社の周囲に広がる森林もあり、美しい景色を楽しむことができます。八幡神社は、いつも多くの人々で賑わっており、お祭りやイベントなどが行われています。

八幡神社(愛媛県内子町)は、古くから多くの信仰者を集めてきた神社です。古代から現代を繋ぐ歴史を持っており、古代から伝わる伝説が多く存在します。神社は、八幡大神(八幡大御神)を祀るものとして明治十一年(一八八八年)に創建されました。神社内には、八幡大神に加え、歴代大神、八幡大神豊穣守、豊穣神などの別神様が祀られています。また、神社の落慶の際には、八幡大神社の神官が全国から集まり、大きな祭りを行うことでも知られています。

八幡神社は、神社の周囲に広大な緑の自然を有しています。神社の周囲には、鳥居、木々、水路などがあり、自然な環境が残されています。また、八幡神社には、古代より伝わる古老芸能の「神社大会」が開かれていることでも有名です。神社大会では、豊穣神様を祀る儀式、神輿押し、神楽、神輿運搬などが行われ、神社を賑やかに彩るパレードが行われます。

八幡神社は、古々より多くの信仰者を集めてきた神社です。古代から現代を繋ぐ歴史、伝説を持ち、豊穣神を祀る神社大会などがあり、自然な環境が残
八幡神社(愛媛県内子町)は、愛媛県内子町にある神社です。その名のとおり八幡大神(八幡大明神)を祀っています。八幡神社は、神奈川県八幡神社を元にしていると言われています。12世紀に建立されたと言われていますが、正確な築城年は不明です。八幡神社は、宮家大家が築いたといわれる神社で、豊穣を祈願するために祀られています。この神社は、日本有数の神社のひとつであり、歴史的建造物としても知られています。八幡神社は、本殿・本坊・西坊・稲荷坊・殿堂坊などがあり、様々な建物が残っています。また、神社の中には、歴代の八幡宮家の墓があり、古いものから近代的なものまで様々な墓があります。八幡神社には、神社の周囲に広がる森林もあり、美しい景色を楽しむことができます。八幡神社は、いつも多くの人々で賑わっており、お祭りやイベントなどが行われています。

八幡神社(愛媛県内子町)は、古くから多くの信仰者を集めてきた神社です。古代から現代を繋ぐ歴史を持っており、古代から伝わる伝説が多く存在します。神社は、八幡大神(八幡大御神)を祀るものとして明治十一年(一八八八年)に創建されました。神社内には、八幡大神に加え、歴代大神、八幡大神豊穣守、豊穣神などの別神様が祀られています。また、神社の落慶の際には、八幡大神社の神官が全国から集まり、大きな祭りを行うことでも知られています。

八幡神社は、神社の周囲に広大な緑の自然を有しています。神社の周囲には、鳥居、木々、水路などがあり、自然な環境が残されています。また、八幡神社には、古代より伝わる古老芸能の「神社大会」が開かれていることでも有名です。神社大会では、豊穣神様を祀る儀式、神輿押し、神楽、神輿運搬などが行われ、神社を賑やかに彩るパレードが行われます。

八幡神社は、古々より多くの信仰者を集めてきた神社です。古代から現代を繋ぐ歴史、伝説を持ち、豊穣神を祀る神社大会などがあり、自然な環境が残
八幡神社(愛媛県内子町)は、愛媛県内子町にある神社です。その名のとおり八幡大神(八幡大明神)を祀っています。八幡神社は、神奈川県八幡神社を元にしていると言われています。12世紀に建立されたと言われていますが、正確な築城年は不明です。八幡神社は、宮家大家が築いたといわれる神社で、豊穣を祈願するために祀られています。この神社は、日本有数の神社のひとつであり、歴史的建造物としても知られています。八幡神社は、本殿・本坊・西坊・稲荷坊・殿堂坊などがあり、様々な建物が残っています。また、神社の中には、歴代の八幡宮家の墓があり、古いものから近代的なものまで様々な墓があります。八幡神社には、神社の周囲に広がる森林もあり、美しい景色を楽しむことができます。八幡神社は、いつも多くの人々で賑わっており、お祭りやイベントなどが行われています。

八幡神社(愛媛県内子町)は、古くから多くの信仰者を集めてきた神社です。古代から現代を繋ぐ歴史を持っており、古代から伝わる伝説が多く存在します。神社は、八幡大神(八幡大御神)を祀るものとして明治十一年(一八八八年)に創建されました。神社内には、八幡大神に加え、歴代大神、八幡大神豊穣守、豊穣神などの別神様が祀られています。また、神社の落慶の際には、八幡大神社の神官が全国から集まり、大きな祭りを行うことでも知られています。

八幡神社は、神社の周囲に広大な緑の自然を有しています。神社の周囲には、鳥居、木々、水路などがあり、自然な環境が残されています。また、八幡神社には、古代より伝わる古老芸能の「神社大会」が開かれていることでも有名です。神社大会では、豊穣神様を祀る儀式、神輿押し、神楽、神輿運搬などが行われ、神社を賑やかに彩るパレードが行われます。

八幡神社は、古々より多くの信仰者を集めてきた神社です。古代から現代を繋ぐ歴史、伝説を持ち、豊穣神を祀る神社大会などがあり、自然な環境が残
八幡神社(愛媛県内子町)は、愛媛県内子町にある神社です。その名のとおり八幡大神(八幡大明神)を祀っています。八幡神社は、神奈川県八幡神社を元にしていると言われています。12世紀に建立されたと言われていますが、正確な築城年は不明です。八幡神社は、宮家大家が築いたといわれる神社で、豊穣を祈願するために祀られています。この神社は、日本有数の神社のひとつであり、歴史的建造物としても知られています。八幡神社は、本殿・本坊・西坊・稲荷坊・殿堂坊などがあり、様々な建物が残っています。また、神社の中には、歴代の八幡宮家の墓があり、古いものから近代的なものまで様々な墓があります。八幡神社には、神社の周囲に広がる森林もあり、美しい景色を楽しむことができます。八幡神社は、いつも多くの人々で賑わっており、お祭りやイベントなどが行われています。

八幡神社(愛媛県内子町)は、古くから多くの信仰者を集めてきた神社です。古代から現代を繋ぐ歴史を持っており、古代から伝わる伝説が多く存在します。神社は、八幡大神(八幡大御神)を祀るものとして明治十一年(一八八八年)に創建されました。神社内には、八幡大神に加え、歴代大神、八幡大神豊穣守、豊穣神などの別神様が祀られています。また、神社の落慶の際には、八幡大神社の神官が全国から集まり、大きな祭りを行うことでも知られています。

八幡神社は、神社の周囲に広大な緑の自然を有しています。神社の周囲には、鳥居、木々、水路などがあり、自然な環境が残されています。また、八幡神社には、古代より伝わる古老芸能の「神社大会」が開かれていることでも有名です。神社大会では、豊穣神様を祀る儀式、神輿押し、神楽、神輿運搬などが行われ、神社を賑やかに彩るパレードが行われます。

八幡神社は、古々より多くの信仰者を集めてきた神社です。古代から現代を繋ぐ歴史、伝説を持ち、豊穣神を祀る神社大会などがあり、自然な環境が残

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。