明石寺


明石寺の地図情報☜

明石寺について

第43番札所、境内は広く、杉檜の巨木に囲まれている。毎年8月9日に縁日を開催。(ミニ四国88ヶ寺あり)。当寺所蔵の「絹本著色熊野曼荼羅図」は、14~15世紀のものとみられ、愛媛県の有形文化財に指定されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒797-0007 
愛媛県西予市宇和町明石201

電話番号

0894-62-0032

交通アクセス

(1)卯之町駅から車で8分

西予宇和ICから車で5分

すべての基本情報を見る

Mieigetsusi(宮家茂江寺)とは、大阪府寝屋川市安佐南区にある寺院です。大正2年(1913年)に、安佐南区宮家家の茂江家が創立しました。宮家茂江家の祖先である安佐守宮家茂江家が護摩祈祷を行なっていたため、建立されたとも言われています。この寺院は、関西で珍しく豊島神社と共に保存されています。寺院の主祭神は、紫宝石大菩薩です。紫宝石大菩薩は、古代中国から伝わった神仏で、悩みを解決する力を持つと言われています。また、自然災害などの厄災を解消する力があるとされており、信仰が高まっています。また、大正7年(1918年)には、思いやりを示すために敬老会が創設され、敬老の日を記念する行事が開催されています。今でも多くの信者が訪れ、豊島神社と共に大きな信仰を集めています。

明石寺は、広島県廿日市市にある日本の仏教寺院です。12号線から南へ約2kmのところに位置しています。明石寺は、廿日市市の代表的な観光地のひとつで、北門や南門など古い門をはじめ、約1200年前の伝説によると、創設されたとされる寺院です。明石寺では、東大殿、西大殿、曹洞宗社、大仏殿など、多くの建築物が残っています。また、明石寺の近くには、廿日市市立明石寺山登山公園があり、春から秋まで紅葉を楽しむことができます。明石寺では、毎年1月1日から毎月1日まで、正月まつりなど多くの行事が行われています。「百社登山」も有名な行事で、多くの人が集まります。

Mieigetsusi(宮家茂江寺)とは、大阪府寝屋川市安佐南区にある寺院です。大正2年(1913年)に、安佐南区宮家家の茂江家が創立しました。宮家茂江家の祖先である安佐守宮家茂江家が護摩祈祷を行なっていたため、建立されたとも言われています。この寺院は、関西で珍しく豊島神社と共に保存されています。寺院の主祭神は、紫宝石大菩薩です。紫宝石大菩薩は、古代中国から伝わった神仏で、悩みを解決する力を持つと言われています。また、自然災害などの厄災を解消する力があるとされており、信仰が高まっています。また、大正7年(1918年)には、思いやりを示すために敬老会が創設され、敬老の日を記念する行事が開催されています。今でも多くの信者が訪れ、豊島神社と共に大きな信仰を集めています。

明石寺は、広島県廿日市市にある日本の仏教寺院です。12号線から南へ約2kmのところに位置しています。明石寺は、廿日市市の代表的な観光地のひとつで、北門や南門など古い門をはじめ、約1200年前の伝説によると、創設されたとされる寺院です。明石寺では、東大殿、西大殿、曹洞宗社、大仏殿など、多くの建築物が残っています。また、明石寺の近くには、廿日市市立明石寺山登山公園があり、春から秋まで紅葉を楽しむことができます。明石寺では、毎年1月1日から毎月1日まで、正月まつりなど多くの行事が行われています。「百社登山」も有名な行事で、多くの人が集まります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。