豊楽寺


豊楽寺の地図情報☜

豊楽寺について

入母屋造りの国宝薬師堂は平安時代に造られた四国最古の建物。神亀元(724)年に聖武天皇の勅願所として、行基の開創するところといわれる。豊楽寺は古来より「柴折り薬師」と呼ばれ、愛知県の鳳来寺「峰薬師」、福島県常福寺「獄薬師」と共に、日本三大薬師と称される。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒789-0234 
高知県長岡郡大豊町寺内314

電話番号

0887-73-0029

交通アクセス

(1)大田口駅から車で15分

すべての基本情報を見る

江戸時代から京都で栄えた豊楽寺は、三室戸造りの建物が現存している歴史的建造物です。明治期には火災により全焼したものの、江戸時代の町家を再現したものに改築されており、日本古来の建築様式を現代に伝えています。

豊楽寺の入口から奥へと入ると、扉をくぐると三室戸造りの建物を見ることができます。三室戸造りとは、間取りが均一で室を三つに分けたものを言います。それぞれの廊下では、木造建築の技術を学ぶための研究室や、展示室、展示用の小部屋などがあります。また、各室内には、江戸時代の町家でありながら、現代的な家具や付属施設なども配置されています。

さらに、豊楽寺の奥には、明治期に改築された木製屋根が見られます。この屋根には、江戸時代の木材技術を再現した特殊な形状が施されており、現在の豊楽寺を見るときには、見事な造形技術を感じることができます。

豊楽寺は、日本の建築技術を伝えるための見本として広く知られています。また、国内外から多くの観光客が訪れることもあり、歴史ある建造物が現代に伝えら

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。