津嶋神社


津嶋神社の地図情報☜

津嶋神社について

子供の守り神として知られ、瀬戸内海の沖250mにある本殿へは、8月4・5日の夏季大祭のとき橋を渡りお参りできる。浮世絵師二代目安藤広重の絵にも描かれ、夕景が素晴らしい。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:火水 2020年8月4日~2020年8月5日 6:00~22:00

所在地 〒767-0031 
香川県三豊市三野町大見7463

電話番号

0875-72-5463

交通アクセス

(1)詫間駅から車で5分

(2)津島ノ宮駅から徒歩で1分(毎年8/4、5の二日間のみ、臨時駅、JR予讃線「津島ノ宮」駅が臨時開設されます。)

すべての基本情報を見る

津嶋神社は、静岡県伊豆市にある神社です。伊豆の山々を背にして、紅葉の時期には紅葉が美しい絶景を楽しめます。神社は、室町時代に創建されたと言われており、多くの信者が参拝しています。参拝者は、池の真ん中にある「神社の島」に登ることができます。また、神社内には、鳩山由紀夫元首相のお墓があります。毎年、4月下旬には、「津嶋祭」が行われ、多くの人々が参加しています。さらに、毎月第2日曜日には、「御朱印帳」を受け取ることができ、参拝者が多く訪れるお祭りです。津嶋神社は、室町時代から変わらぬ歴史を保ち、現代にも重要な存在であるとされています。

津嶋神社(つしまじんじゃ)は、奈良県橿原市にある建物で、津嶋大神(つしまおおみ)を祀っています。津嶋大神は、奈良時代から存在する天照大神の支祖神として重要な存在です。津嶋神社は、比叡山延宝寺の本堂である大権現堂を建立した後、津嶋大神を祀るために設立されたといわれています。現在は、参道を挟んだ2棟の建物に分かれており、本殿と次宮(つぎみや)と呼ばれる建物があります。本殿は、国宝指定の建物であり、次宮は、奈良時代の木造建築を基本的に受け継ぎながらも、江戸時代の建築を取り入れたものに仕上げられています。また、津嶋神社は、江戸時代の幕府御用達の社でもあり、多くの文人が参拝していました。津嶋神社は、現在も多くの人々が参拝している場所で、本殿と次宮の共存が特徴的です。
津嶋神社は、静岡県伊豆市にある神社です。伊豆の山々を背にして、紅葉の時期には紅葉が美しい絶景を楽しめます。神社は、室町時代に創建されたと言われており、多くの信者が参拝しています。参拝者は、池の真ん中にある「神社の島」に登ることができます。また、神社内には、鳩山由紀夫元首相のお墓があります。毎年、4月下旬には、「津嶋祭」が行われ、多くの人々が参加しています。さらに、毎月第2日曜日には、「御朱印帳」を受け取ることができ、参拝者が多く訪れるお祭りです。津嶋神社は、室町時代から変わらぬ歴史を保ち、現代にも重要な存在であるとされています。

津嶋神社(つしまじんじゃ)は、奈良県橿原市にある建物で、津嶋大神(つしまおおみ)を祀っています。津嶋大神は、奈良時代から存在する天照大神の支祖神として重要な存在です。津嶋神社は、比叡山延宝寺の本堂である大権現堂を建立した後、津嶋大神を祀るために設立されたといわれています。現在は、参道を挟んだ2棟の建物に分かれており、本殿と次宮(つぎみや)と呼ばれる建物があります。本殿は、国宝指定の建物であり、次宮は、奈良時代の木造建築を基本的に受け継ぎながらも、江戸時代の建築を取り入れたものに仕上げられています。また、津嶋神社は、江戸時代の幕府御用達の社でもあり、多くの文人が参拝していました。津嶋神社は、現在も多くの人々が参拝している場所で、本殿と次宮の共存が特徴的です。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。