海岸寺(香川県多度津町)


海岸寺(香川県多度津町)の地図情報☜

海岸寺(香川県多度津町)について

宝亀4年(773年)に玉依御前が弘法大使をみごもった際に、良い子が生まれるよう願って、別荘代わりに建てた産屋が海岸寺の前身といわれています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒764-0037 
香川県仲多度郡多度津町西白方997-1

電話番号

0877-33-3333

交通アクセス

(1)海岸寺駅から徒歩で3分

すべての基本情報を見る

『海岸寺』は、香川県多度津町にある歴史ある観光スポットです。日本海の中央に位置し、古くは「鹿児島国鹿屋郡海岸村」として知られていました。寺院の正式な名前は「西海岸高野山三千院」です。現在は海岸寺としても知られており、高知から乗ると、約2時間ほどで着きます。

海岸寺は、建物全体が廃墟化しているものの、古い山門や三重塔、本堂、屋形船などが残されています。また、高野山の三重塔などをモチーフにした木彫りがあり、古い庭園も維持されています。

その他、寺院の境内には花々が咲き、夏の紅葉を楽しめる桜の名所もあります。海岸寺では、夏の「海岸祭」や「紅葉祭」などの様々な行事が開催されています。また、歴史を感じさせる風景を楽しめる観光スポットとしても有名です。

香川県多度津町にある海岸寺は、日本海沿いに位置し、建物は社殿と拝殿と三重塔からなる。境内には潮岬や海岸線を望む絶景を楽しめる展望台もあり、観光客でにぎわうことが多い。海岸寺は、創建年代は不明であるが、世間では「開眼上人」が創建したとされている。その熱心な信仰を象徴するように、境内には正倉院(せいそういん)や仏像などの数多くの生垣があり、豊かな自然の中で静かな時間を過ごすことができる。また、寺院内には特色のある石仏などもあり、古くから続く伝統的な文化を体験することができる。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。