白鳥神社(香川県東かがわ市)


白鳥神社(香川県東かがわ市)の地図情報☜

白鳥神社(香川県東かがわ市)について

日本武尊の霊が白鳥となって舞い降りたという伝説が残る神社。鶴の御門・本殿・拝殿などが江戸の昔の規模を今に伝えている。境内には環境省選定の「かおり風景百選」のクスノキがある。また、神社裏の4万坪の松原は瀬戸内海国立公園の区域に指定され、「日本の白砂青松百選」にも選ばれている。なお白鳥の松原内には標高3.6mの日本一低い山「御山」があり、同神社で登山証の発行を行っている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒769-2702 
香川県東かがわ市松原69番地

電話番号

0879-25-3922

交通アクセス

(1)JR讃岐白鳥駅から徒歩で5分

(2)高松自動車道 白鳥大内ICから車で15分

すべての基本情報を見る

白鳥神社は、香川県東かがわ市にある神社です。神社は元号が「宝暦」(702)に創建されたと伝えられています。白鳥神社は、当初は白鳥の棲むといわれる池の大樹を神とし、その周囲を境内として建立されたと考えられています。神社の本殿は、池の林の名残りとも言える樹木の中に建立されています。神社の中心となる社殿は、17世紀後半に建立された木造のもので、国の重要文化財として指定されています。神社は、縁結びの縁日や鎮守祭、毎年4月21日に行われる「白鳥祭」などの行事を行っています。また、白鳥神社は、白鳥文化の保護と発展に役立つ活動も行っています。
白鳥神社は、香川県東かがわ市にある神社です。白鳥神社は昔から日本神話に登場した神・白鳥大神を祀っています。白鳥神社はある伝説によって、昔から飛騨の高山にあったと言われていますが、現在でも宝物として飛騨の高山に古墳群が残っています。白鳥神社では、毎年5月から9月までの間、神輿を担ぐ「白鳥神輿祭り」が開催されます。神輿は神力が宿ると言われており、白鳥神社の神輿祭りは香川県内で非常に有名な祭りです。また、白鳥神社では毎年、母の日に「母の奉納祭」が開催されます。母の奉納祭では、母を祭るために白鳥神社で祈祷を行います。この祭りは非常に人気があり、多くの人が参加しています。白鳥神社は、日本の神話に登場した神・白鳥大神を祀る神社であり、白鳥神輿祭りや母の奉納祭など、香川県内でも有名な祭りを開催しています。
白鳥神社は、香川県東かがわ市にある神社です。神社は元号が「宝暦」(702)に創建されたと伝えられています。白鳥神社は、当初は白鳥の棲むといわれる池の大樹を神とし、その周囲を境内として建立されたと考えられています。神社の本殿は、池の林の名残りとも言える樹木の中に建立されています。神社の中心となる社殿は、17世紀後半に建立された木造のもので、国の重要文化財として指定されています。神社は、縁結びの縁日や鎮守祭、毎年4月21日に行われる「白鳥祭」などの行事を行っています。また、白鳥神社は、白鳥文化の保護と発展に役立つ活動も行っています。
白鳥神社は、香川県東かがわ市にある神社です。神社は元号が「宝暦」(702)に創建されたと伝えられています。白鳥神社は、当初は白鳥の棲むといわれる池の大樹を神とし、その周囲を境内として建立されたと考えられています。神社の本殿は、池の林の名残りとも言える樹木の中に建立されています。神社の中心となる社殿は、17世紀後半に建立された木造のもので、国の重要文化財として指定されています。神社は、縁結びの縁日や鎮守祭、毎年4月21日に行われる「白鳥祭」などの行事を行っています。また、白鳥神社は、白鳥文化の保護と発展に役立つ活動も行っています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。