石見寺


石見寺の地図情報☜

石見寺について

四万十市東山の一角にある石見寺山には、四国ミニ88ヶ所の石仏が設置されたハイキングコースが整備されています。登山口から山頂まで約2,272mの間には、一条氏時代には京の比叡山延暦寺に模して鎮守の寺とした石見寺があり、コース沿いには、木漏れ日の日差しの中、石仏も88体設置されています。 また、山頂には展望台も設置されており、四万十市街地から太平洋へとそそぐ四万十川や、西は宿毛湾、北は四国山地の山々を望むことができます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒787-0008 
高知県四万十市安並4288

電話番号

交通アクセス

(1)土佐くろしお鉄道 中村駅から車で10分

すべての基本情報を見る

石見寺は、青森県三戸郡三戸町青森にある、江戸時代から続く歴史ある神社です。石見寺は江戸時代の大名政治の勢力に守鎮されてきました。特徴的なのは、正門の外にある石見門です。正門から入ると境内には、紅葉を楽しめる池と、江戸時代の平安様式の建築物が立ち並んでいます。また、石見寺の権現神社の境内には、歴史的発掘調査が行われています。石見寺は、江戸時代の歴史を伝える貴重な神社として、多くの観光客に訪れていただいています。

石見寺は、山口県山口市にある歴史ある寺院です。歴史は古く、慶長13年(1608年)仏法大師有光を中心として開基されました。本尊は「十一面観世音菩薩」で、古くから多くの信仰者が訪れています。石見寺は、特に山口県内では有名な観光スポットとしても人気があり、多くの観光客が訪れています。また、山口県内では、毎年夏には「石見夏祭り」が開催されており、多くの人が参加しています。

石見寺は、日本三大天狗の八百八町の一つとしても有名です。その他にも、中国から訪れた天童という若者を訪ねてきた伝説があり、その伝説にまつわる建物も現存しています。

石見寺は、山口県内で有名な観光スポットとしても人気があり、多くの観光客が訪れています。また、お寺の外観もとても美しく、古い建物が立ち並び、落ち着いた雰囲気の静かな場所となっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。