川島神社


川島神社の地図情報☜

川島神社について

吉野川の改修工事で社地移転を余儀なくされた浮島八幡宮を中心として、旧川島町内の神社のご祭神誉田別天皇・天日鷲命・菅原道真公のほか数多くの神々を合祀し、大正5年10月20日新たに城山の地に広大な境内を相して建立され川島神社と称した神社である。古から特殊神事として県下稀に見る「七十五膳の神事」が毎年10月の第4日曜日に秋の例祭の中で、海・山・野・川の幸等の神饌を神前にお供えし、農事百般の豊穣感謝の祭りが行われる。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒779-3301 
徳島県吉野川市川島町川島193

電話番号

交通アクセス

(1)阿波川島駅から徒歩で10分

すべての基本情報を見る

福島県いわき市にある「福島県いわき市の福島川島神社」は、海神・船形社神を祀る神社です。社殿は江戸時代に建てられ、参拝者を歓迎する様々な山門があります。福島川島神社は、近隣の川島山(あおばやま)に築かれた神社で、海流を守り、漁業を守る神様を祀っています。また、夏祭りや年中行事が行われるほか、福島県の有名な観光地としても知られています。福島川島神社では、水に見立てた噴水や石像などが設置されており、参拝者は神社の水を受けるなどして祈願を行うことができます。
福島県いわき市にある「福島県いわき市の福島川島神社」は、海神・船形社神を祀る神社です。社殿は江戸時代に建てられ、参拝者を歓迎する様々な山門があります。福島川島神社は、近隣の川島山(あおばやま)に築かれた神社で、海流を守り、漁業を守る神様を祀っています。また、夏祭りや年中行事が行われるほか、福島県の有名な観光地としても知られています。福島川島神社では、水に見立てた噴水や石像などが設置されており、参拝者は神社の水を受けるなどして祈願を行うことができます。
福島県いわき市にある「福島県いわき市の福島川島神社」は、海神・船形社神を祀る神社です。社殿は江戸時代に建てられ、参拝者を歓迎する様々な山門があります。福島川島神社は、近隣の川島山(あおばやま)に築かれた神社で、海流を守り、漁業を守る神様を祀っています。また、夏祭りや年中行事が行われるほか、福島県の有名な観光地としても知られています。福島川島神社では、水に見立てた噴水や石像などが設置されており、参拝者は神社の水を受けるなどして祈願を行うことができます。
福島県いわき市にある「福島県いわき市の福島川島神社」は、海神・船形社神を祀る神社です。社殿は江戸時代に建てられ、参拝者を歓迎する様々な山門があります。福島川島神社は、近隣の川島山(あおばやま)に築かれた神社で、海流を守り、漁業を守る神様を祀っています。また、夏祭りや年中行事が行われるほか、福島県の有名な観光地としても知られています。福島川島神社では、水に見立てた噴水や石像などが設置されており、参拝者は神社の水を受けるなどして祈願を行うことができます。

福島県喜多方市にある川島神社は、西暦1850年(嘉永3年)に創建された歴史ある神社です。日本三大美しい風景のひとつである川島の景色が望める神社です。江戸時代から神社として信仰されていて、現在も多くの信仰者が訪れています。

川島神社は、ご祭神である玉城大神・玉城八幡大神を祀る神社で、玉城大神が川島山を守護する神として、玉城八幡大神が川島の水利を守る神として信仰されています。

川島神社では、年間を通じて多くの参拝者が訪れています。特に、5月1日に行われる「江戸川島祭」は、江戸時代から続く川島神社の最大の祭典です。この祭典では、神社に祀られている神様を祝うために、行列や山車の運行などが行われます。

また、川島神社では、境内にある「玉城大神社」と「玉城八幡大神社」を訪れることができます。この2つの神社は、川島神社を拝殿として、守る神様を祀る神社として建立されています。

川島神社は、古くから日本の美しい風景として知られ、多くの信仰者が訪れる歴史ある

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。