定福寺


定福寺の地図情報☜

定福寺について

奈良時代に名僧行基によって創建され、本尊阿弥陀如来坐像を始め、日本唯一といわれる6体の笑い地蔵など、寺が所有する数々の文化財を保護するため平成27年(2015)宝物館が完成の予定である。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒789-0167 
高知県長岡郡大豊町粟生158番地

電話番号

0887-74-0301

交通アクセス

(1)豊永駅から車で5分

(2)豊永駅から徒歩で20分

すべての基本情報を見る

福寺とは、日本で最も古くから守られてきたお寺の一つである「法隆寺」のことを指します。法隆寺は、源頼朝が822年に大和国に伝えた高野山にある仏閣のことで、鎌倉時代から現在まで現存しています。法隆寺は、宗教的な重要性を持つ日本で最も有名な仏閣のひとつで、日本の国家宗教といわれています。法隆寺には、聖徳太子の横顔を描いた「聖徳太子像」があり、日本で最も古くから守られてきた仏像のひとつです。また、法隆寺は、「月見回廊」や「五重塔」などの歴史的な建築物があり、文化財としても重要視されています。法隆寺は、多くの信仰者が訪れ、日本の伝統的な文化を守り続けています。
福寺とは、日本で最も古くから守られてきたお寺の一つである「法隆寺」のことを指します。法隆寺は、源頼朝が822年に大和国に伝えた高野山にある仏閣のことで、鎌倉時代から現在まで現存しています。法隆寺は、宗教的な重要性を持つ日本で最も有名な仏閣のひとつで、日本の国家宗教といわれています。法隆寺には、聖徳太子の横顔を描いた「聖徳太子像」があり、日本で最も古くから守られてきた仏像のひとつです。また、法隆寺は、「月見回廊」や「五重塔」などの歴史的な建築物があり、文化財としても重要視されています。法隆寺は、多くの信仰者が訪れ、日本の伝統的な文化を守り続けています。

千歳烏山の中にある禅宗の寺院である四国八十八ヶ所の十八番札所・済美須定福寺は、1593年に創建されました。鎌倉時代中期に宋明宗九如上人が千歳烏山に上り、護摩祈祷を行ったところに開かれたと言われています。境内には、鎌倉時代の建物が残りながらも現代的な施設が入り混じっています。例えば、境内には、新しく整備された仏像院や護摩堂、展望台などがあります。また、済美須定福寺の境内には、境内本堂や、宋明宗九如上人のお墓などがあり、様々な観光スポットとなっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。