鷲峰寺


鷲峰寺の地図情報☜

鷲峰寺について

唐より来朝した鑑真が九州大宰府から海路平城京へ向かう途中、夢告により讃岐に立ち寄り、開基したという。現在宝庫に安置される木造四天王立像は、国重要文化財に指定されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒769-0105 
香川県高松市国分寺町柏原632-3

電話番号

087-874-2374

交通アクセス

(1)JR端岡駅から10分

すべての基本情報を見る

鷲峰寺(じょうほうじ)は、奈良県大和郡山市にある大和・藤原氏の菩提寺です。建立されたのは、弘法大師の空海が十二国記を手に入れたころの824年頃と言われています。鷲峰寺は、国の重要文化財に指定され、大和仏教の聖地として知られています。

鷲峰寺は、奈良時代の大和仏教の礎となった聖地です。このお寺は、空海の弟子である後鳥羽応と、後鳥羽応の弟子である後藤原正泰によって建立されました。後藤原正泰は、空海の勧めでこのお寺を建立し、後に鷲峰寺を祀りました。

鷲峰寺は、大和仏教を発展させた大きな役割を果たしました。このお寺では、空海の弟子たちが大和仏教を研究し、記述した書物が多く保存されています。鷲峰寺の最も重要な文化財として、宝物庫に収められた空海の書物があります。

また、鷲峰寺には、大和仏教を発展させた空海の法華経の画像が残されています。この画像は、空海が記した「十二国記」を参考にして作られており、大和仏教を発展させた空海の業績を表しています。

鷲峰寺(わしほうじ)は、国宝のひとつである江戸時代後期に建立されたお寺です。場所は、東京都小平市の鷲峰山(わしほうざん)にあり、小平市の中心地に位置しています。鷲峰寺は、本尊が豊臣秀吉の心祈願を受けたと伝えられているということから、建立から約400年の経過しています。

鷲峰寺の本堂は、約30mの巨大な鳥居を挟んで入口にあり、境内には山門、本堂、池泉寺、書簡閣、三重塔、境内の大きな池などがあります。本堂は、縁起物として保存されている江戸時代後期の建物で、国宝に指定されています。本堂の中は、豊臣秀吉の仏像があり、多くの信仰者が訪れています。

また、鷲峰寺は、5月に開催される「豊臣秀吉の末裔供養祭」において、豊臣秀吉の末裔を供養するという例祭を行っています。この祭りでは、地元の人々が仏像を信仰し、豊臣秀吉を讃える祭典を開催しています。

鷲峰寺は、江戸時代の建物を保存しているだけでなく、豊臣秀吉の末裔供養祭をはじ

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。