石清尾八幡宮


石清尾八幡宮の地図情報☜

石清尾八幡宮について

石清尾山の麓に鎮座し、日常のウォーキングや恒例の市立祭、例大祭などを通じて親しまれている。
神寶に足利幕府の管領細川頼之奉納の甲冑、征矢などがある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒760-0005 
香川県高松市宮脇町1-30-3

電話番号

087-862-5846

交通アクセス

(1)JR高松駅から10分(市民病院ループバス)

八幡前バス停から5分

すべての基本情報を見る

石清尾八幡宮は、福山市の石清尾八幡宮町にある八幡宮の拝礼所です。宮司の吉村英公が1603年に創建し、現在は八幡神社の別殿として栄えています。宮司の吉村英公が、八幡大神を祀るため、石清尾に八幡宮を建立したと言われています。宮司の吉村英公は、文化の新しい時代を開くために、八幡神社を拝礼所として礼拝することを提唱しました。八幡神社は、大正元年に帝国社寺制を改正したため、宮司の吉村英公の功績が認められました。現在では、八幡神社は、有名な観光スポットとして知られています。また、近隣の八幡宮公園は、歴史的建造物が残る山間部の温泉地として親しまれています。石清尾八幡宮は、福山市を訪れた際に、是非訪れてみる価値のあるスポットです。

石清尾八幡宮は、岐阜県各務原市にある神社です。明治20年に八幡宮として創建されました。そして、1949年に宮号を石清尾八幡宮に変更されました。石清尾八幡宮の神社社務所は、大正13年に建てられた横穴式建物です。また、八幡神社として石清尾八幡宮を参拝すると、安産祈願・健康祈願などをすることができます。また、石清尾八幡宮は、毎年7月9日には八幡祭が行われ、各務原市の人々で賑わいます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。