神峯神社


神峯神社の地図情報☜

神峯神社について

日本でも最も古い社に属するといわれ、大山祗命(おおやまつみのみこと)を祭神に、天照大神(あまてらすおおみかみ)、天児屋根命(あめのこやねのみこと)、応神天皇をあわせて祀っています。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒781-6422 
高知県安芸郡安田町唐浜

電話番号

交通アクセス

(1)高知市から車で100分

すべての基本情報を見る

秋田県大館市にある秋田県の名勝、大峯神社は、神宮司祭家の大原家の一族の英知により、延宝元年(1673年)に建立されました。大峯神社は、大原家が秋田城を支えた家として、秋田の名門として知られています。約350年前に建立された大峯神社は、山門、拝殿、社務所、若社などを持ち、境内は、大峯の木々が多く残り、森を形成しております。また、神社前には芝生の広場があり、お祭りや行事を行うことができます。神社の主祭神は、大峯大神(おおみねおおかみ)をお祀りしており、奥にある「若社」には、若者の祈願をするために、若者の神様である「若槻大神」をお祀りしています。大峯神社は、古来より、近隣の加茂神社、蔵王神社、穂積神社などと関係が深いことから、加茂神社の三大神社の一つとして知られています。大峯神社は、歴史を伝える建物や石像を多く保有し、現在でも、多くの人々を魅了し続けています。

大和神峯神社は、山口県宇部市にある神社です。宇部山の山頂に位置し、山口県の絶景を一望できます。古くは豊臣秀吉が訪れたといわれ、現在も歴史的建造物が残る神社です。神社には、山口県最大の三社の一つとして、年間多くの信仰家が訪れています。

大和神峯神社には、江戸時代から続くルーツがあります。山から海へと続く大和神道に属しており、山口県の祝い祭りの多くで祀られています。大和神峯神社の最大の特徴は、宇部山にある「宇部山山容城」があることです。この城は、宇部山を覆う神社であり、神社の中心となっています。

大和神峯神社には、秋季には「秋祭り」があります。この祭りでは、お祭りの賑やかな雰囲気を楽しむことができます。また、祭りの最中には歌舞伎や太鼓などの文化行事が行われ、山口県の独特な文化を楽しめます。

大和神峯神社は、古くから山口県で重要な神社です。歴史的建造物が残り、秋祭りなどの行事も楽しめます。ぜひ、一度訪れてみてください。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。