御袖天満宮


御袖天満宮の地図情報☜

御袖天満宮について

菅原道真が太宰府へ左遷される途次に、里人に下賜した衣の片袖が御神体で、見事な55段の石段は映画の舞台になった。近くに菅公腰掛岩もある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒722-0046 
広島県尾道市長江1-11-16

電話番号

0848-37-1889

交通アクセス

(1)尾道駅からバスで5分(バス停「長江口」下車)

(2)徒歩で5分

すべての基本情報を見る

御袖天満宮は、大阪府天王寺市にある神社です。約1600年の歴史を持ち、安土桃山時代から伝わる古刹です。本殿は全国三大名殿のひとつとして知られており、室町時代から現在に至るまで、歴代天皇の参詣があったと言われています。宮中には、歴代天皇の絵馬が展示されているほか、宮内には安土桃山時代の石碑なども保存されています。また、御袖天満宮の特徴として、宮中には神社、仏閣、文殊院など3種類の社があり、他にはない特色があります。

閑静な風景が特徴的な御袖天満宮は、歴史的建造物としても高い評価を受けています。宮前には吉野家やお好み焼きなどのお土産屋さんが並び、観光客でにぎわう平日でも毎週日曜日には、多くの人が参拝にやってくる人気の神社となっています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。