神崎神社(荒神さん)


神崎神社(荒神さん)の地図情報☜

神崎神社(荒神さん)について

荒神さんとよばれ、牛馬の守護神として崇敬をあつめてきた。動植物など、多くの彫刻を施した本殿は県の文化財。彫刻の下絵や棟札は町の指定文化財。向拝天井には、迫力ある龍の彫刻が施されている。7月27日の例大祭は波止のまつりとして花火やイベントがある。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:9:00~17:00

休業:無休

所在地 〒689-2501 
鳥取県東伯郡琴浦町赤碕210

電話番号

0858-55-0598

交通アクセス

(1)赤碕駅から徒歩で15分

すべての基本情報を見る

神崎神社(荒神さん)は、京都市右京区にある神社です。特徴的な巨大な石碑(荒神碑)があり、外観からもその独特な雰囲気を感じます。神崎神社は、創建が古く、明治二十八年(1895)に古代祭祀場として再興されました。正式名称は「神崎大社(荒神大社)」で、神奈川県出身の女流和歌手・坂本冬美が紹介した歌「八王子 神崎大社」で有名です。

神崎神社は、神様が住む「宇宙の中心」とされる霊場として、古くから信仰されています。そのため、祈願などによる信仰が盛んで、毎年多くの人が訪れます。また、神崎神社は「百済山霊場」としても有名で、百済山の本山・宝泉院(宝泉寺)とともに神宮参道である「宝泉街道」の終着点としても有名です。

神崎神社は、「荒神祭」や「神崎祭」などの大祭りも開催しており、毎年多くの人が訪れます。また、「荒神祭」という名前からも、神崎神社の信仰の中心となっている「荒神」を祭りの神として信仰していることがわかります。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。