大善寺(広島県三原市)


大善寺(広島県三原市)の地図情報☜

大善寺(広島県三原市)について

新高山城の麓にあり,小早川隆景室の信仰を受ける。1580年三原城築城に伴い,現在地へ移される。江戸時代に三原城主浅野忠義の母堂で熱心な念仏者であった月溪院の菩提所となった。江戸中期に三原市須波の波止(県史跡)を築いた楢崎正員(県史跡)の墓があり,学者や武芸者の墓も多い。快慶作といわれる阿弥陀如来立像は県重要文化財。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒723-0063 
広島県三原市西町2-22-1

電話番号

0848-62-4766

交通アクセス

(1)JR三原駅から徒歩で20分

すべての基本情報を見る

大善寺は、広島県三原市に位置する仏教寺院です。山門から廊下を入って行くと、中庭に広がる半蔵門があります。半蔵門の向かいには、平安時代に建てられた本堂があります。本堂の中には、藤原道長の像や安倍晴明の書を供える壁画があります。大善寺の他にも、正倉院や恵比須堂などの由緒ある建物があり、多くの参拝者を迎えています。

また、大善寺の施餓鬼像は、平安時代に造られたと言われており、正倉院や恵比須堂と並んで、大善寺の三大美術品として知られています。施餓鬼像は、細かな表情を描いた立体的な仕上がりで、その迫力ある姿があまりにも有名です。

大善寺は、平安時代から続く歴史的な建築物と、その芸術的な価値を誇る施餓鬼像などを持つ、広島県三原市を代表する観光スポットです。参拝者の方々が、歴史的文化を学びながら、美しい大自然を楽しむことができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。