焼火神社


焼火神社の地図情報☜

焼火神社について

隠岐への航海中、遭難しかけた後鳥羽上皇が御神火で導かれたと伝えられ、海上の守護神として信仰を集めています。焼火信仰の総本山であり、1732年改築の社殿は隠岐最古の木造建築です。
参道では多様な植物を楽しめます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒684-0303 
島根県隠岐郡西ノ島町美田

電話番号

交通アクセス

(1)浦郷港から車で20分+徒歩で25分

すべての基本情報を見る

山口県岩国市にある焼火神社は、山口県の名勝地として知られています。鎌倉時代に建立されたといわれている神社で、社殿と本殿があります。社殿は、国宝の石垣で囲まれ、本殿は鎌倉時代のもので、江戸時代に現在のような屋根を被せられました。現在の本殿は1970年に再建されました。また、焼火神社には、平安時代に建立された境内の2つの特別史跡があります。それらは、拝殿地蔵がある「宝積寺地蔵」と、唐銅像がある「延輪院唐銅像」です。焼火神社には、毎年10月に行われる「焼火祭」があります。この祭りは、国宝に指定されている「国宝焼火祭」としても知られています。焼火神社では、毎年多くの人が訪れ、古い歴史と伝統を学びに来ます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。