宗隣寺


宗隣寺の地図情報☜

宗隣寺について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒755-0067 
山口県宇部市大字小串210

電話番号

交通アクセス

(1)JR宇部線宇部新川駅からバスで10分

(2)山陽自動車道宇部ICから車で5分

すべての基本情報を見る

宗隣寺は、静岡県御前崎市にある曹洞宗のお寺です。宗隣寺は、1648年に宗家から指定されたお寺として創建されました。宗隣寺は、比叡山にある朝倉宗派の大和大権現寺とその支社である宗谷寺の間に位置しています。宗隣寺は、創建以来、曹洞宗の伝統を守り続けています。宗隣寺では、毎年5月14日に「宗隣のお祭り」が開催されており、毎年多くの信徒が訪れます。また、曹洞宗上納祭も宗隣寺で行われており、多くの信徒が参加しています。

宗隣寺の本堂は、江戸時代に建てられた木造のものです。宗隣寺の本堂には、日本の伝統的な建築様式が融合しており、宗隣寺の豊かな伝統を現代に蘇らせています。

宗隣寺には、仏像や仏具が多く収蔵されています。宗隣寺の有名な仏像は、比叡山の豊臣秀吉が捧げた御大師像で、宗隣寺の大本堂の奥にあります。また、宗隣寺の仏具館には、歴史的な仏具が多数収蔵されており、宗隣寺に訪れる信徒たちが見ることができます。

宗隣寺は、曹洞宗の伝統を

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。