岩屋寺(広島県神石高原町)


岩屋寺(広島県神石高原町)の地図情報☜

岩屋寺(広島県神石高原町)について

能救山岩屋寺という、臨済宗のお寺です。山門は町の重要文化財に指定されており、かつて現在の神石高原町役場にあった小畠代官所の表門でした。明治6年(1873年)に岩屋寺に移築されました。また、境内の薬師堂には、薬師如来坐像とその眷属である十二神将が安置されています。山門が町重要文化財に指定されたのは昭和51年5月1日です。見学は自由ですが、事前に予約して頂けば対応ができます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒720-1522 
広島県神石郡神石高原町小畠386

電話番号

0847-85-3139

交通アクセス

(1)福山東ICから車で40分

(2)東城ICから車で40分

すべての基本情報を見る

岩屋寺は広島県神石高原町にあるお寺です。岩屋寺は古くから「癒しの寺院」として有名で、素朴な建物やお庭が有名です。お庭にはまるで芸術作品のような石畳が敷かれています。また、本堂内には毎年、祀っている大山正宗公の像があり、参拝者が癒される場所となっています。岩屋寺は、御朱印を取得することにより、お客様に古い寺院の魅力を体験していただける場所としても有名です。

岩屋寺は、毎年4月15日に開催される「岩屋寺祭り」でも有名です。同祭りでは、山中の生花や菓子、陶芸品などが販売されており、参加者は素晴らしい気分になることができます。また、参拝者は、大山正宗公へのお祈りを行うこともできます。

広島県神石高原町の岩屋寺は、古くから「癒しの寺院」として有名なお寺で、素朴な建物、石畳などの景観も最高です。また、毎年4月15日に開催される「岩屋寺祭り」も注目を集めています。参拝者には、御朱印を取得して古い寺院の魅力を体験していただくこともできます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。