川崎観音


川崎観音の地図情報☜

川崎観音について

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒746-0001 
山口県周南市川崎2丁目1

電話番号

交通アクセス

(1)JR山陽本線新南陽駅から徒歩で20分

すべての基本情報を見る

神奈川崎観音は、神奈川県横浜市の元町にある仏閣です。1593年(慶長7年)、横浜の元町を開拓した藤原照晴を祀る仏閣として築かれました。横浜市で最古の仏閣として残っています。

観音開眼当時、境内には奈良時代から伝わる、三十三仏陀という仏像が祀られていました。また、藤原照晴の仏像(南無妙法蓮華経大観音菩薩像)も祀られています。

神奈川崎観音は、毎年7月13日に「観音開眼祭」が行われ、藤原照晴の祭典として行われています。毎年、多くの信者が訪れ、観音開眼の祈願をしています。

また、神奈川崎観音は、元町周辺にある神社・寺院を巡礼する「横浜風祭り」の一環として行われる「元町観音祭」も開催されています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。