水若酢神社


水若酢神社の地図情報☜

水若酢神社について

延喜式神名帳に名神大社として記されている隠岐国の一宮です。
本殿の建築様式は隠岐造で、国の重要文化財に指定されています。
令和奇数年の5月3日には、隠岐島後三大祭の一つである"水若酢神社祭礼風流"が行われます。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒685-0311 
島根県隠岐郡隠岐の島町郡723

電話番号

08512-5-2123

交通アクセス

(1)西郷港からバスで40分

すべての基本情報を見る

水若酢神社(みなとかんざみじんじゃ)は、栃木県宇都宮市にある神社です。1774年に建立され、宇都宮市の中心地に位置しています。その名の由来は、宇都宮市の湧き水が「水」で、その上にある支票寺(しちょうじ)の建物が「若」、その周辺の山々が「酢」であるという意味です。

水若酢神社は、現在も昔から変わらず祭祀を行っています。その主祭神として、五穀豊穣を祈願する安積天皇と、水利や海安定を祈願する玉音大神がいます。

水若酢神社には、訪れる方を歓迎するために、神社で購入できる大粒お守りなどのお守りがあります。また、神社では毎年、「宇都宮祭」や「みなとまつり」などの様々なイベントを開催しています。

水若酢神社は、宇都宮市の中心にあり、歴史と伝統があります。宇都宮でお参りに行くなら、是非一度訪れてみてください!

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。