良忠寺


良忠寺の地図情報☜

良忠寺について

浄土宗第三祖記主禅師(良忠上人)ゆかりの寺。本堂に安置されている記主禅師坐像は浄土宗の宗宝に指定されている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒699-3212 
島根県浜田市三隅町向野田342

電話番号

交通アクセス

(1)三保三隅駅から車で8分

すべての基本情報を見る

良忠寺は、兵庫県西脇市にある歴史ある宗教施設です。鎌倉時代前期(1183年)に建立されたとされています。今でも現存する建物は、特定史跡として、兵庫県の指定文化財に指定されています。

良忠寺には、長い歴史を持つ本堂をはじめとする多くの建物があります。本堂は、正面に入るとそのまま奥にある金堂に向かって長い廊下を通り抜けます。金堂の内部には、桜模様の豪華な絵画があり、金堂全体が大変華やかです。

また、良忠寺には、小さな大池があり、その池は地元の人々に愛されています。その池は、『良忠池』と呼ばれており、池の周りには良忠寺の境内を囲む林があります。

良忠寺は、非常に歴史ある施設であり、外観や内部の装飾が現存する施設の中でも非常に美しいものとして知られています。良忠寺を訪れることで、鎌倉時代を彷彿とさせる美しい施設を見ることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。