大山寺阿弥陀堂


大山寺阿弥陀堂の地図情報☜

大山寺阿弥陀堂について

大山寺洞明院裏の石段の上にある。外陣に天井はなく建築方法の変遷を知る貴重な資料,建物及び阿弥陀如来像は重要文化財。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

拝観:法要や各種行事の際のみ一般公開。

所在地 〒689-3318 
鳥取県西伯郡大山町大山

電話番号

交通アクセス

(1)米子駅からバスで54分

大山寺バス停から徒歩で20分

(2)米子道米子ICから車で30分

博労座駐車場から徒歩で20分

すべての基本情報を見る

大山寺阿弥陀堂は、奈良県吉野郡高師町にある寺院です。正式な名称は「大山寺阿弥陀堂(だいざんじあみだどう)」と呼ばれています。12世紀に創建された大山寺は、日本を代表する立派な寺院の一つです。大山寺阿弥陀堂は、この大山寺内の純金堂として建てられました。純金のお堂は、金色の照りゆく屋根、美しい屋根台、様々な彫刻などが立派なものとなっており、現在でも観光客が多く訪れています。大山寺阿弥陀堂では、「南無阿弥陀仏」という祈りを唱えるために、定期的に法要が執り行われています。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。