鳥取東照宮(旧:樗谿神社)


鳥取東照宮(旧:樗谿神社)の地図情報☜

鳥取東照宮(旧:樗谿神社)について

慶安3年(1650年)、鳥取藩初代藩主、池田光仲によって日光東照宮を勧請して創建されました。主要建造物は国の重要文化財に指定され、6月下旬はホタルの名所でもあります。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒680-0015 
鳥取県鳥取市上町87

電話番号

交通アクセス

(1)鳥取駅からバスで7分

徒歩で15分

すべての基本情報を見る

鳥取東照宮(旧:樗谿神社)は、島根県鳥取市にある神社です。1998年に鳥取市の樗谿神社と鳥取県樗谿神社とが合併し、現在の鳥取東照宮(旧:樗谿神社)という名前になりました。

この神社は、鳥取県及び島根県内の吉田郷内約50万の山神信仰を祭り、さらに鳥取県全体の祭祀を行っています。また、鳥取県内で有数の観光名所としても知られています。

当神社の本殿は、明暦2年(1772年)に完成し、現在も昔から変わらずに保存されています。本殿は、石造りで細部にもこだわりが見られ、県内外から多くの観光客が訪れます。

鳥取東照宮(旧:樗谿神社)は、春、夏、秋、冬に行われる神社の祭典や多くのお祭りを開催しています。また、毎年8月15日には、有名な「東照祭り」を行っています。この祭りは、祈願と祝福のために多くの人が訪れます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。