西國寺


西國寺の地図情報☜

西國寺について

伝行基開基の名刹。西國寺山腹、足利義政時代再建の堂宇が広大な境内に並び、金堂・三重塔は重要文化財。仁王門の正面には大草履がかけられている。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

所在地 〒722-0044 
広島県尾道市西久保町29-27

電話番号

0848-37-0321

交通アクセス

(1)尾道駅からバスで5分(バス停「西国寺下」下車)

徒歩で10分

すべての基本情報を見る

西國寺は、兵庫県西宮市にある、建物群からなる日本最大の建仁寺系の仏教寺院です。西國寺は、元禄元年(1700年)に京都の建仁寺から移転したと言われています。そして、西國寺は、元禄十一年(1718年)に元徳天皇の勅願により、大慶仙法師を招き、開山したとのことです。西國寺は、更紗堂などの本堂群や、池の東側にある彩色石版像など、美しく仏教的な建物を多く有する、日本三大仏閣の一つです。また、西國寺の近くには、大山寺や金剛寺などの名刹があり、日本仏教の歴史を感じることができます。

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。