嚴島神社は、元々は大正6年(1917年)に建立された嚴島神社として知られています。神社は鎌倉時代から存在し、後に現在の場所に移されました。嚴島神社は、海洋保護の神様である嚴島大神を祀っており、島の方角の向かい側にある大型の神様の間には多くの祭りが行われています。特に正月、端午節、七夕祭などが大きなお祭りとなっています。

嚴島神社は、地域住民のために様々な利益を提供しています。最大の利益は、仏教を受け入れるための許可を政府から受け取っていることです。これにより、地元の住民は、神社において仏教を受け入れることができ、仏教の精神を学ぶことができます。さらに、嚴島神社の管理する島には、絶滅した種の生息地として住んでいる野生動物がいるため、自然保護を行うためにも利益があります。

嚴島神社


嚴島神社の地図情報☜

嚴島神社について

宮島にある、世界遺産に登録された神社。宗像三女神を祀る。平家一門の信仰を集めた。平安期の寝殿造りを神社建築に応用し長い回廊が特徴的である。市杵島姫命、湍津姫命、田心姫命。全建造物は国宝および重要文化財。瀬戸内海の島を背後に、海の中に立つ朱色の大鳥居や木造建物が建ち並ぶ姿は日本でも珍しい。潮が満ちてくると社殿があたかも海に浮かんだように見え圧巻。

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

営業期間

公開:秋冬 6:30~17:30 1/4~2/29、10/15~11/30

公開:春夏秋 6:30~18:00 3/1~10/14

公開:冬 6:30~17:00 12/1~12/31

公開:冬 0:00~18:30 1/1のみ

公開:冬 6:30~18:30 1/2~1/3

所在地 〒739-0588 
広島県廿日市市宮島町1-1

電話番号

0829-44-2020

交通アクセス

(1)宮島棧橋から徒歩で12分

すべての基本情報を見る

嚴島神社は、島根県東部にある神社であり、現在島根県津和野村に位置しています。嚴島神社は、豊陰神社(現在の島根県小豆郡)を改築したものとされており、紀元前700年ごろから祀られているといわれています。

嚴島神社の本殿は、大正時代初頭に建てられた半月形の木造の建物で、全長104.7m、全幅4.4m、高さ9.7mです。本殿は正面から見ると3段になっており、その上部には縁側があります。また、本殿の向かいには、5号棟と6号棟があります。

嚴島神社は、毎年5月2日から4日にかけて、「嚴島祭り」が催されます。この祭りは「地面御所」と呼ばれ、神様を祝福するために行われる行事です。毎年多くの信者が集まり、神社で様々なイベントが行われます。

また、嚴島神社は、宮中祭りとして知られており、毎年7月22日に「宮中祭り」が開催されます。この祭りでは、神様を祝福する行事や、歌舞伎の公演などが行われます。

さらに、嚴島神社は、毎年11月
嚴島神社は、島根県東部にある神社であり、現在島根県津和野村に位置しています。嚴島神社は、豊陰神社(現在の島根県小豆郡)を改築したものとされており、紀元前700年ごろから祀られているといわれています。

嚴島神社の本殿は、大正時代初頭に建てられた半月形の木造の建物で、全長104.7m、全幅4.4m、高さ9.7mです。本殿は正面から見ると3段になっており、その上部には縁側があります。また、本殿の向かいには、5号棟と6号棟があります。

嚴島神社は、毎年5月2日から4日にかけて、「嚴島祭り」が催されます。この祭りは「地面御所」と呼ばれ、神様を祝福するために行われる行事です。毎年多くの信者が集まり、神社で様々なイベントが行われます。

また、嚴島神社は、宮中祭りとして知られており、毎年7月22日に「宮中祭り」が開催されます。この祭りでは、神様を祝福する行事や、歌舞伎の公演などが行われます。

さらに、嚴島神社は、毎年11月

お知らせ:このサイトのすべての記事は、特に記載がない限り、当サイトの独自の発表物です。個人または団体は、当サイトの同意を得ずに、当サイトのコンテンツを他のウェブサイト、書籍などの各種メディアプラットフォームにコピー、盗用、収集、公開することは禁止されています。もし当サイトのコンテンツが著作権者の合法的な権利を侵害している場合は、お問い合わせいただければ対応いたします。